耳垢はだれが取る?耳掃除のヒントはコレだった! | 知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

これを読めばあなたも病気知らずの仲間入り!あなたに健康をお届けします。

*

耳垢はだれが取る?耳掃除のヒントはコレだった!

      2015/08/13

Pocket

みなさん、こんにちはマッサンです。

ひざまくら

新婚当時はひざまくらで取ってもらうのが理想的な耳掃除ということもあったのではないでしょうか。そこのお父さん。

あれから○○年、今では、お父さん耳くそがでてるわよ。汚いんだから。
ちゃんと掃除しなさいよ。て、言われるのが関の山です。

今では、自分で取っているのでしょうね。

今回は、そんな『耳垢の掃除方法』にスポットを当ててみたいと思います。

Sponsored Link


 

耳垢はどうしてできる

耳垢は外耳道にたまった垢で、耳くそとも呼ばれます。
具体的には

・鼓膜から外耳道に新陳代謝によって剥がれ落ちた皮膚

・外耳道には耳垢腺があり油脂を分泌するところからの分泌物

・外部からのほこり等が耳毛で捕らえられたもの

これらが絡み合って自然と垢となったものです。

不要となった垢ではあるのですが、外耳道に溜まっているときに大事な働きもしているのです。

 

耳垢は大事な役目がある

大事な役目もあるので迂闊に取らない方がいいのです。

①鼓膜の保護

耳垢は一番奥にある鼓膜を守るためのクッションになっています。

②外耳道の自浄

耳の中は狭く、通常は中々掃除もしにくいところです。そのため、皮膚の新陳代謝したものは自然と外へ外へと動いていき耳垢として排出され内部の掃除をしているのです。

③異物の進入防止

外部からのほこりや異物の進入をブロックしています。
耳垢はポロポロと乾燥したものと、ジュクジュクと湿ったものに大別されるようです。
これは体質にもよるものが大きいと言われています。
異物の進入面から考えますと、ジュクジュクとしているほうが絡め取る効果は大きいようです。
また、虫が侵入した場合には耳垢のくさい臭いで追い出す効果もあるようです。

④保湿による保護と抗菌作用

耳垢で保湿することにより内部の傷つきや菌の進入を防止する抗菌作用もります。

 

耳垢のとり過ぎによる弊害

耳垢が多くても病気ではありませんが、耳垢栓塞(みみあかせんそく)という詰まりには注意が必要です。

いわゆる外耳道が耳垢により栓塞≒梗塞(ふさがれた)状態です。
原因としては
・耳垢のとり過ぎによる耳垢腺からの過剰分泌、耳垢の過剰分泌(外耳保護作用)
・取ろうとした耳垢を押し込んでしまった場合
・外耳道を傷つけて炎症をおこした場合
・水泳等で水が入って耳垢がふやけて過剰堆積したもの
等があり、耳垢のとり過ぎによる原因も注意する必要があります。

耳垢栓塞の場合は素人での処置は無理です。
耳鼻科での治療が必要となります。

Sponsored Link

正しい耳垢のとり方

外耳道の自浄で述べましたように、本来耳垢は取らなくても自分で排出されます。

そうは言っても耳元に耳くそが付いているのは見掛けも悪いし、他人に不快感を与えることになると思います。
そういう意味では常にきれいな状態を維持したいですね。

耳鼻科でいつも取ってもらうというのも面倒だし、余程の異常でない限り耳鼻科にも行かないのではないですか。

 

そこで、一般的な耳垢のとり方ですが、

・周期的には2週間に一度程度
・お風呂上りに
・見える範囲を
・綿棒か耳かきで

という事が、一般的に言われていますが

 

深く考えずに、

お風呂に入ったときに耳の入り口を湿らせたタオルを指に巻いて拭い取る

基本的にはこの方法が簡便で何も問題は無いようです。

逆に、綿棒を入れたいくらい痒い場合は外耳道が湿疹や炎症を起こしている場合があります。
この場合は綿棒がそれ以上はいらない位置を指でつかみ、中をやさしく拭うことです。

この症状が頻繁に起こる場合は、耳鼻科の診断を受けるといいでしょう。

 

まとめ

耳の穴は個人差があり一概にどこまでが安全だとかの計数的な表現は難しいようです。

綿棒も痛くないところまでなら・・・・・というのは一番危険な方法です。

指が入るところまでの掃除をしておけば、自浄作用でそこまで垢を運んできてくれるようです。無理をしてとる必要は無いようです。

 

最後に、綿棒等を入れる場合は子供やペットの突進を避けるための注意だけはおこたりなくしてください。これで鼓膜を破ったという話は笑い話でなく現実の話のようです。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 

Sponsored Link

 - 病気, 耳・鼻の病気

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

インフルエンザの症状?2016年の幼児と子供の場合!

みなさん、こんにちはマッサンです。 インフルエンザが猛威をふるっています。 20 …

くも膜下出血で緊急手術!今は笑い話の生還秘話を公開!

みなさん、こんにちはマッサンです。 くも膜下出血という病気ですが、ひとごとの様に …

熱性痙攣の対処法!新米ママも安心の予備知識とは?!

みなさん、こんにちはマッサンです。 高熱と共に併発される子供の熱性痙攣(けいれん …

インフルエンザB型で下痢に悩まされた時の対処方法!

みなさん、こんにちはマッサンです。 インフルエンザが流行しだすと瞬く間に感染を拡 …

冷え性には生姜!究極は「最強ショウガ」にあり!

みなさん、こんにちはマッサンです。 日本人に多い冷え性、女性がメインだと思ってい …

尿検査で蛋白が陽性に!先ず腎臓の仕組みの理解から!

みなさん、こんにちはマッサンです。 年に一度は健康診断受けてますか? 今まで一度 …

おならを人前で我慢?!ツライ恐怖症とお別れ!

みなさん、こんにちはマッサンです。 いくら生理現象とは言え人前ではつい我慢してし …

薬に頼らず頭痛を治す!妊婦さんにも安心好評!

みなさん、こんにちはマッサンです。 頭が痛くてどうしようもない! でもいつも鎮痛 …

口臭を消したい!予防効果の高い食べ物てあるの?!

みなさん、こんにちはマッサンです。 食べ物で口臭が消せたらいいと思いませんか。 …

口臭がひどい!肝臓病も原因になると聞いたけど本当?

みなさん、こんにちはマッサンです。 口臭のサインが示す内臓疾患には・胃潰瘍・気管 …