知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

これを読めばあなたも病気知らずの仲間入り!あなたに健康をお届けします。

*

ダニに噛まれて痒い!布団のダニ退治はできてますか?

   

Pocket

みなさん、こんにちはマッサンです。

ダニに噛まれて痒くて痒くて掻き毟りた~~~~い!

ダニ

と言うのは、女房の弁!

なんで、私だけ!

痒さの辛さをぶちまけたくなる気持ちは判ります。

だって同じ布団で寝ているのになんで私だけ噛まれるのって...あ~~~かゆい。

 

そうは言うものの、実は私も噛まれたことはあるのです。でも、かまれる頻度は女房の方が多いようですね?!ダニに好かれてるんでしょ!

 

今回は『ダニに噛まれたとき』の対処について解説したいと思います。

Sponsored Link


 

ダニはどこの家庭でもいる

ダニに噛まれると掻き毟りたくなる痒みと、噛まれたあとがくっきりと赤い斑点で残ることですね。
これは、人によって違いはあるようです。
蚊に刺された場合は跡形は残りにくいですが、ダニの場合は跡形が残ります。
(私もあまり虫刺されにはかぶれませんがダニはかぶれます)
ひどくなると、何日も跡形が残る場合もありますね。

それだけ、厄介なものだと認識したほうがいいでしょう。

でも、ダニのいない家庭などないと言われています。いくら掃除しても100%取り除くのは不可能です。逆に、あまりきれい過ぎると人間の抵抗力が無くなってしまい生きていけなくなってしまいますよね。

 

ダニに狙われる人はどんな人

ダニもやはり、美味しい人しか噛まないようですね。(笑

まあ、そんなことはないでしょうが、
・汗を掻きやすい人
・肌が柔らかい人
は、好みのようです。

普段は、布団についたほこりや垢を餌にして生活しています。
夜になると活動は活発となり、湿気のある皮膚や垢をねらって活動するわけです。

 

ダニに噛まれたときの対処は

基本を述べますが、
ダニに噛まれるとすさまじい痒みにおそわれますが、できるだけ掻かないことです。
大人なら何とか対処はできますね。
子供はそうはいきません。
最悪、アトピー性皮膚炎の原因となることもあるようで注意です。

ダニに噛まれた場合、噛み口でダニだと判断できる場合もありますが、素人ではなかなか判断することが難しいと思われます。
起床後にその異常に気づいたときは間違いないと思われます。

やはり噛まれたと思われるときは

皮膚科の診察を受けて治療したほうがいいと思われます。
ステロイド系の軟膏を処方されることもあると思いますが、
2~3日で改善されるため長期間塗る必要もなく痒みを抑えるためには、
やはり頼らざるをえないかと思われます。

病院ではっきりとステロイドのことを説明してもらいましょう。
こちらから、話をもちだすときちんと説明していただけると思います。
ステロイドについての詳細はまた別途としますが、
強さも1~5ランクあり、この程度の痒み抑えには低ランクのものを
処方されるとおもいます。説明はしっかりと受けましょう。

ステロイド

予断になりますが、
市販の軟膏でも、ステロイドを配合した軟膏は身近にあります。
デキサメタゾン酢酸エステルが成分のものはステロイド系ですからね。
ステロイドを極端に嫌われる方は注意してくださいね。
知らないうちに使っているかも知れませんよ。

やはり、掻いて皮膚を傷つけてしまうほうが後々面倒なことになると思います。
早めの治療が悪化させずに済みそうです。

Sponsored Link

ダニを退治するには

鼻炎や喘息、アトピーなどダニアレルギーで引き起こされる病気は多いです。

ダニアレルギーの対策として

①布団を干すことが最も効果的です
②ダニは死滅させても死骸や糞がアレルギーのもととなりますから、掃除機で吸い取る等の処置も必要です。

ダニアレルギーで引き起こされるアレルギー性疾患には、鼻炎や喘息、アトピー性皮膚炎が有名でしょう。

ダニアレルギーは、生きたダニだけではなく、死骸、糞なども原因となってしまいます。
ダニアレルギーがアレルギー疾患の原因だと判っていても、なかなか対策を立てられないことも多いものですが、特に小さなお子さんのいる家庭では、十分に注意しなければいけないものだと言えるでしょう。

 

ダニは25~30℃の高温多湿環境を好みます。
いわゆる、日本の夏場の環境ですね。
餌としてほこりや食べかす、人から出るフケや剥がれ落ちた角質などを好みます。

現在では、家の断熱性能もあがり夏場に限らず年間をとおして生息するようになっています。
より、ダニ対策が必要となってきています。

 

 

まとめ

ダニと聞いただけでもいやになりますよね。

しかも、常に一緒に生活しているとなると。

被害を受けないためにもその生育条件をよく把握し、排除するようにしましょう。

100%排除はできなくても襲われる確立はなるべく低く保ちましょう。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

Sponsored Link


 

 

 - 病気予防

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

血糖値を薬で下げる?もっと良い方法があるのですが!

みなさん、こんにちはマッサンです。 尿検査ですぐに結果の出る『糖』結果は『陰性』 …

アトピー性皮膚炎の原因?これだけは検証の価値あり!

みなさん、こんにちはマッサンです。 ~健康へのいざない即効ヘルスケア~へのご訪問 …

『冷え』を防ぐのは靴下?冷やさない健康法の極意!

みなさん、こんにちはマッサンです。 『冷え』は万病の元!わたくしマッサンはこの教 …

二日酔い予防!しまったと言わせない飲み方

みなさん、こんにちはマッサンです。 ”酒は百薬の長”ともいわれますが、ほろ酔い気 …

基準値では高血圧!薬の処方は必要か?

みなさん、こんにちはマッサンです。 私の周りにも、高血圧で降圧剤の薬を飲んでいる …

過食を防ぐ食事法!少食のすすめ!

みなさん、こんにちはマッサンです。 ここ最近、「アトピー性皮膚炎で検証して欲しい …

腹式呼吸の効果をつかめ!自律神経失調症も何のその!

みなさん、こんにちはマッサンです。 みなさん、呼吸についてはあまり意識したことは …

お風呂とお酒の危険な関係!スマートな入浴法の紹介!

みなさん、こんにちはマッサンです。 日本人はお風呂好きと言われますね。全国各地に …

動脈硬化の対処法!薬に頼らず楽々予防

こんにちは、マッサンです。 動脈硬化は、生活習慣病(従来の呼び方:成人病)が引き …

一日の歩数はどれ位?歩数があなたの体調を管理する!

みなさん、こんにちはマッサンです。 毎日散歩やウオーキングしてますか? 仕事柄歩 …