知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

これを読めばあなたも病気知らずの仲間入り!あなたに健康をお届けします。

*

風邪で熱が下がらない!そんなときの対処法は?

      2015/08/04


明日は仕事は休めないし、何とか熱だけでも下がるといいんだけどそんな対処法はないかな?疲れ1

みなさん、こんばんはマッサンです。

はじめはたんなる風邪だろうと、高をくくっていたらなかなか治らない。

忙しさもあって体が悲鳴を上げていたんでしょうね、ちょっとした油断で風邪を引いてしまってなかなか治らない。

こんな経験は多いのではないでしょうか?

今回は風邪の『熱をなんとか下げたいとき』の対処法について解説したいと思います。

Sponsored Link


 

なぜ熱がでるの

発熱をしたことがない人はいないと思います。
しかし、少々の熱があっても軽快に動き回れる人もいれば
少しの熱でも横になったり寝付いてしまったりするような差はあるようです。

発熱の元は、細菌やウイルスが体に入り込んできたものに対する
体の防御反応の一つでウイルスに抵抗している状態です。

体温が高いほうが、ウイルスや細菌は活動が抑えられます。

逆に、白血球(ウイルスや細菌の攻撃細胞)などは体温が上がると活動が高まります。

発熱そのものは病気と言うとらえかたではありませんが、
高熱による体の倦怠感や二次的な関節の痛みなどを伴い
生殖機能の損失や体温機能の麻痺で生死にかかわることがあります。

 

それでは、対処法について考えて見ましょう。

 

無理なく熱を下げる方法

今回は、熱を抑えるという解釈よりも体の防御反応を高めて自身の治癒力を上げるという観点からみてみたいとおもいます。
よって、薬の服用は最終手段としたいと思います。

 

無理な厚着で汗を出すのはさける

風邪と言えば少々厚着をして、たっぷりと汗を掻くように布団にもぐりこむ、というのが親から子へと伝えられているようです。
まだまだ、この教えをしっかりと守っている方も多いと思います。
決して、間違っているとはいえませんが、汗を掻いたあとの処置を間違えなければいいのですが、きちんと汗をふき取ることができなければ、寝ている間に体を冷やすことがあり逆効果となる場合があります。

最適な方法は、寒気のしない程度のゆったりとした汗を吸う衣類で、寒ければ毛布一枚かける程度がよいとされています。

 

温かいお風呂の利用

お風呂についても、入って良い、ダメの二つの選択肢があります。
入って良い派は、熱い湯にしっかり肩まで浸かり温まり汗を流し、すぐ寝る。
ダメ派は、体力の消耗と湯冷めを恐れて禁止している。

最適な方法として、お風呂は体の菌を洗い流すことで清浄を保つことも重要です。
熱のあるときは冷たいお風呂で体温を下げたいとは思いますが、冷たいと血管を収縮させひいては防御反応の低下を招き好ましくないようです。
よって、ぬるめかやや温かいお湯にゆっくりと入り体温を下げるのがよいとされています。

Sponsored Link


 

部屋全体を涼しく

汗を掻かなくても、体からの放熱は十分あります。
汗を掻くのは急速に体温を下げたいときです。
よって、窓を開放したりして部屋の換気を行うとともに、エアコンや扇風機により涼しい環境を作ることが求められます。

 

水分補給を十分に

体は発熱すると自然に汗を掻きます。
発汗で失われた分以上に補給が必要です。
適度の水分補給をおこなえば、熱も下がり身体の回復が早まります。

1時間に一度コップ一杯程度の水を補給しましょう。
体内の電解質を補うためには経口補水液で体内の電解質濃度を保つことも必要です。

>>家庭でできる『経口補水液』の作り方はこちらに詳しくあります<<

 

睡眠が必要

ウイルスの攻撃を白血球が増進できるように、睡眠で体を休めることが重要です。
前記の内容も十分活用されてじっくりとやすみましょう。

 

食事のバランス

食事は無理に摂る必要はありません。
気分のすぐれないときは食欲もないでしょうから。
無理をして普段の健康なときのような食事はかえってウィルス類に栄養をあたえることにもなりますから、ここは無理な食事はさけたいですね。
空腹状態くらいでいいと思われます。
水分の摂取は必要となります。

 

まとめ

熱が下がらないのは体の中にまだウイルスがはびこっているからでしょう。

白血球が激しく応戦しているものと思われます。

ここで、つい薬を服用したくなると思います。
しかし、薬は対症療法でしかありません。
まだまだ白血球が闘っているいる間は発熱をおこします。

最初に申し上げましたが、無理に体温を下げると防御反応まで下がってしまいます。

薬の服用は体力との兼ね合いをみて服用するようにしましょう。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

Sponsored Link


 

 - 感染症・食中毒, 病気

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

熱中症は屋内が危険!高齢者の体感温度に気をつけろ!

昔は屋内でここまでの危険は無かったと思うが、エルニーニョ現象かヒートアイランド現 …

気になる臭い口臭!自分で判る口臭チェック方法!

みなさん、こんにちはマッサンです。 口臭は誰にもあるようですが、口臭の予防と対策 …

インフルエンザB型で下痢に悩まされた時の対処方法!

みなさん、こんにちはマッサンです。 インフルエンザが流行しだすと瞬く間に感染を拡 …

蓄膿症の原因を探れ!実践と安心できる予防策とは!

みなさん、こんにちはマッサンです。 蓄膿症の言葉はご存知のことと思われます。しか …

足の痛みは整形外科?意外と心臓専門医の分野もあり!

みなさん、こんにちはマッサンです。 足の痛みがあるときに、真っ先に行く病院は外科 …

いびきは放置せず!原因と対処法には早めの気づきを!

ああうるさくて眠れない!毎日のことにストレスもピークに 一瞬殺意さえ覚える夫のイ …

めまいの気になる原因と症状には特定周波数の音が有効!

みなさん、こんにちはマッサンです。 私たちは通常生活においては無意識のうちにきち …

口呼吸していませんか?鼻呼吸への治し方教えます!

みなさん、こんにちはマッサンです。 いつの間にか口呼吸をしていたなんてことはよく …

薬に頼らず頭痛を治す!妊婦さんにも安心好評!

みなさん、こんにちはマッサンです。 頭が痛くてどうしようもない! でもいつも鎮痛 …

熱性痙攣の対処法!新米ママも安心の予備知識とは?!

みなさん、こんにちはマッサンです。 高熱と共に併発される子供の熱性痙攣(けいれん …