知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

これを読めばあなたも病気知らずの仲間入り!あなたに健康をお届けします。

*

痛みを早く回復したい!筋肉痛の予防と対策

      2015/07/24


みなさん、こんばんはマッサンです。

筋肉痛の辛さは誰でも経験していることと思います。重量1

アスリートでさえ筋肉痛で翌日体が動かないということもあるようです。

今回は、そんな筋肉痛と上手につきあう方法『筋肉痛の予防と対策』を取り上げてみたいと思います。

Sponsored Link


 

筋肉痛は大人におこるの

こんな経験はありませんか?

私の体験で申し上げますが、ちょっと聞いてください。

もう随分前のことで、今みたいにゲーム機がはやってないころです。
二人の子供をつれてよく山登りに出かけたものです。

今ならついてこないのじゃないかと、いらぬ心配したりして!

家の近くに、日本一の石段三千三百三十三段というのがあるのですが、
当時、小学生だった子供たちは走って登るのです。
当然我々大人は、一歩一歩噛み締めるようにしか登れません。

やっと登頂、しかし登ったものは降りなくてはなりません。
やっと降りたときは、心も体も疲れきっていました。

問題は、翌日の『筋肉痛』でした。

今、考えて見ますと、子供は翌日筋肉痛は起きてなかったのではないかと?
当時確認していないので今となっては推測でしか言えませんが、

子供が翌日筋肉痛を訴えているという行為は無かったように思います。

このことについて色々と調べてみると、

子供の筋肉は、
・筋肉の機能が未発達で、無理な過剰な力が及ばないということ。
言い方を変えると、柔軟で7~8分の力しか使ってないということ。

・子供の体は大人に比べて、身長も体重も小さく筋肉にかかる負荷が小さい。

ということから、筋肉痛になりにくいようです。

厳密に言えばその症状は出ているのでしょうが、痛みを伴うほどでは無いと言うことでしょう。

 

筋肉痛のメカニズム

筋肉痛の原因は、激しい動きによる筋肉組織の断裂、損傷が発生し痛みを生じると言うことが第一の原因といわれています。
ミクロの世界を覗いているようですが、あちこちの損傷部分を細胞が一生懸命治しているような漫画チックさを想像します。

もうひとつは、過渡の動きによる乳酸が体内に残ることといわれています。
適度の動きであれば、筋肉内に蓄えられたエネルギー源であるブドウ糖、アミノ酸、グリコーゲンなどは消費されたのち血液が回収して体外に排出するためバランスがとれています。
ところが過渡の動きになると、血液は多くの酸素や栄養素を運ぶことに専念することとなり、糖などのエネルギー源の燃えカスまでの運搬が滞り、血液中や体内に多くの乳酸を残すこととなり、筋肉を固まらせ柔軟性を失い痛みや炎症を引き起こすと言われます。

では、筋肉痛にならないようにするにはどうしたらいいでしょうか?
単純に激しく動かさなければいいということでは困ります。
なぜなら、体(筋肉)はその必要がないと判断すれば細くなってしまい、
いざ活動しようとしたときにその力を発揮することが出来なくなってしまうからです。

極端に言うと、寝たきりの人のように筋肉が落ちてしまう状態となるのです。

Sponsored Link


 

筋肉痛の回復方法は?

先ほども述べたように、筋肉痛にならないように過保護的なことばかりしていると筋肉はなくなってしまうと言いました。

だから、筋肉は適度に使わなければならないのです。

ボディビルダーは一度体を作ってしまえばそれでいいかというとそうではないですね!
常に筋力アップをしながら、体型を維持しているのだと思います。
だから、少々の筋力アップの運動をしても筋肉痛は出ません。

我々は筋肉痛になったということは、体がその不足部分をメッセージで警告していると捕らえることが大事でしょう。
もうちょっと鍛えていれば筋肉痛にはならなかったのに~と筋肉が語りかけていると思います。

どうでしょうか、ただ単に回復することばかりに目がいきますが、
実際は予防方法があるのではないかと思われます。

 

でも、予防する前に筋肉痛になってしまった場合はどうしたらいいでしょうか?

乳酸や老廃物が溜まったような筋肉痛であれば、多くの酸素を取り入れる有酸素運動は効果的のようですが、筋肉組織の断裂、損傷が生じている場合はさらなる運動は逆効果のようです。

どちらかと言うと、はげしい痛みを伴う筋肉痛はやさしいマッサージや体を休めることが回復を早めると考えられます。ストレッチ!

 

筋肉痛の予防方法などあるのでしょうか?

日常生活であれ、筋肉の働きはとても大事です。
体を動かすための筋肉と考えれば、筋肉がなくなってしまえば寝たきりになると考えても過言ではないでしょう。

前項でものべましたが、再度申し上げます。
適度の筋肉痛が、その不足部分のメッセージととらえましょう。

体は警告を受ければそれを克服してさらに上を目指す能力があると
信じます。

損傷した筋肉が再生したときにはさらに強固なものとなっている
信じます。

どうでしょうか、予防して筋肉痛にならないようにする
という考えからずれていると思われますか。

アスリートも筋肉痛と上手につきあっているのです。

 

まとめ

ついつい忙しいから、時間が無いからと言い訳をして運動不足になるのが人間ですね。
しかし、仕事やプライベートにしても必ず通常以上に体を使うことはあります。

その結果はもう目に見えていますね。

これが、適度の筋肉負荷であれば筋肉は益々筋力をつけていくのですが、

疲労して休む、疲労して休むでは筋力のアップは望めません。

ダイエットに取り組む時にも言いますね。
脂肪を燃焼させるまでの運動をしなければ意味が無いと。
そこからやっとダイエットの始まりです。

そういう意味では筋肉痛の予防も同じと考えます。
適度の負荷をかけながら、
適度の筋肉痛を伴いながら、

筋肉痛にならないための予防方法』とはこういう事と考えます。

最後までお読みいただき有難うございました。

 

Sponsored Link


 

 - 病気, 運動器系

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

認知症の予防はコレ!噛んでおさらば老化現象!

みなさん、こんにちはマッサンです。 人前でガムを噛んでいるとあまりいい印象は受け …

便秘と和食の深い関係!食物繊維はあなたの味方!

みなさん、こんにちはマッサンです。 便秘の解消には食物繊維の摂取が大事なことはご …

いびきは放置せず!原因と対処法には早めの気づきを!

ああうるさくて眠れない!毎日のことにストレスもピークに 一瞬殺意さえ覚える夫のイ …

急性胃腸炎とストレスの因果関係をご存知でしたか!

みなさん、こんにちはマッサンです。 ストレスの無い人はいないと思いませんか。 最 …

インフルエンザの症状?2016年の幼児と子供の場合!

みなさん、こんにちはマッサンです。 インフルエンザが猛威をふるっています。 20 …

頭痛に微熱ついに咳まで!こんな症状の病気は風邪?

みなさん、こんにちはマッサンです。 最初は体がだるいなと思っていたら、ちょっと頭 …

子供に突然の鼻血?寝せてはダメ!正しい止め方とは?

みなさん、こんにちはマッサンです。 突然の鼻血にビックリするのは本人よりも周りの …

喉の痛みや腫れが激しい!扁桃腺炎が原因かも?!

みなさん、こんにちはマッサンです。 こんな話は聞いたことがないでしょうか? 激し …

鼻水を即効で止める方法!試しても大丈夫でしょうか?

鼻水がとまらな~い!なんとかしてえ~!と言う時に即効で止める方法を探すと色々とあ …

風邪で熱が下がらない!そんなときの対処法は?

明日は仕事は休めないし、何とか熱だけでも下がるといいんだけどそんな対処法はないか …