知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

これを読めばあなたも病気知らずの仲間入り!あなたに健康をお届けします。

*

夜に止まらない咳は喘息?原因と咳止めのツボを考察

   

Pocket

こんにちは、マッサンです。

夜になるとよくでる咳、昼間はほとんど無いのになぜ!喘息1

夜中の咳の辛さはなった人じゃないとわからないものです。

寝ようとすると、咳が出るんじゃないかと恐怖症になったりします。

今回は、そんな『夜の咳』について原因と対処法を調べてみました。

 

Sponsored Link


 

咳はなぜ夜になるとでるの?

夜になったり、寝るために床に就くと咳が出ることと言うのは良く聞く話です。
昼間は何も無いのにきまって夜になるとその症状は表れるのが一般的なのです。

このように、夜になると咳が出ると言う現象は、
気管支が狭くなっている状態で、色々な咳の要因があるのです。
現在ほぼ間違いないと推測されているのが、自律神経作用のようです。

 

自律神経には、交感神経と副交感神経のそれぞれの働きがあると以前説明しました。

交感神経と副交感神経の作用については詳しい説明がありますから参考にしてください。

こちらからご覧になれます。  [交感神経と副交感神経の作用]

 

夜もしくは寝ているときに働くのが副交感神経で
胃腸の消化活動で活発に作用する以外はリラックスモードとなります。

では、気管支の状態はどうなっているのでしょうか?

その前に、昼間の気管支の状態ですが、
昼間は体を活発に動かすため交感神経も戦闘モードになり、
気管支はより多くの酸素を取り込むため、大きく拡げています。

夜間はと言うと、昼間とはまったく逆になっています。
体はほとんど活動する必要が無くリラックスモードで、
酸素も活発なときほど必要なく気管支はその緊張を解くため
ショボンと狭くなって(縮んでしまう)しまうのです。

だから、狭くなったところに異物があったり、痰が絡んだりしたものを
体外に排出しようとして夜に咳がひどくなるようです。

 

疑われる病気はないの?

夜に気管支が狭窄しても、咳を起こす原因が無ければ問題は起きないのですから、その考えられる代表的な疾患をピックアップしてみます。

 

咳喘息(せきぜんそく)

咳喘息は、咳が続く慢性的気管支疾患です。
一ヶ月くらいから長くなると数ヶ月におよぶこともあります。

風邪の感染、たばこの煙、ダニ、ハウスダスト、飲酒、ストレス等が引き金となり
長期の咳で、夜間から明け方によく出るという特徴がありますが、
激しい運動時や、大声の発生時などの刺激で気道粘膜の炎症で発症することもあります。

ただ、喉から呼吸時に聞こえる「ゼーゼー」や「ヒューヒュー」の
喘鳴(ぜいめい)や呼吸困難はなく呼吸も比較的正常と言えるようです。

ただ、放置すると気管支喘息に発展する恐れがあり注意を要します。

Sponsored Link


 

気管支喘息(きかんしぜんそく)

気管支喘息は、空気のとおり道の気管支が炎症を起こし、
腫れたり痰が詰まったりして狭くなり、
発作的な症状により呼吸困難になったり、咳が続く慢性疾患です。

普段は、症状が落ち着いていますが、
アレルゲンの浸入、激しい運動、細菌の感染、ストレス等により
発作的に発症します。
発作と同時に喘鳴(ぜいめい)「ゼーゼー」や「ヒューヒュー」が
特徴のひとつで、窒息死するような苦しみも起こります。

昼間の時間帯でも発生しますが、夜間から明け方によく出るという傾向があるようです。

 

夜間の咳の予防や対処方法はないの?

とにかく咳をなんとか鎮めたい。まずこれだと思います。

私は、以前食事の後、それもアルコールを摂取した後に、
ひどく咳がでるということがありました。
(元々そんなに飲むほうではありません)
この時点では、アルコールのせいだろうという自己判断で、

アルコールの量を減らす。

アルコールを断つ。

という行動をとりました。

最初は、これだと確信していたのですが、しばらくすると、
また咳が出ると言うことで、確定的な原因は掴めませんでしたが、
検診時に医者に相談したところ、

アルコールのアセトアルデヒドがアレルゲンの原因となることもあると聞かされ、
禁酒で現在まで対応しているところです。

これは、私の体験と言うことで以下に対処法をあげてみます。

 

①鼻、喉、咽頭の湿潤は大事です。蒸しタオルで蒸気として吸い込む。

②きつくなければマスクをして寝る。

③寝る向きを変えてみる。背中をまるめてうつむきで症状をおさえる。

天突(てんとつ)という、ツボを指圧する。
天突の場所は胸骨の上で、左右の鎖骨の交わったところです。
私の経験からも○の評価をしております。

参考となる動画がありましたので参考にしてください。


まとめ

夜に咳が続くのは本当につらいものです。
それが原因で寝不足等も引き起こしてしまいます。

今回は、夜に出やすい原因と、
考えられる原因疾患について、
また、いちはやく止めたい対処法について述べてきました。

少しでもお役に立てたなら幸いです。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 

Sponsored Link


 

 

 - 呼吸器の病気, 病気

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

おならを人前で我慢?!ツライ恐怖症とお別れ!

みなさん、こんにちはマッサンです。 いくら生理現象とは言え人前ではつい我慢してし …

急性胃腸炎とストレスの因果関係をご存知でしたか!

みなさん、こんにちはマッサンです。 ストレスの無い人はいないと思いませんか。 最 …

健康診断で糖尿病の疑いがあると言われたときの対処法!

みなさん、こんにちはマッサンです。 健康診断で糖尿病の疑いがあると言われたときは …

喉の痛みや腫れが激しい!扁桃腺炎が原因かも?!

みなさん、こんにちはマッサンです。 こんな話は聞いたことがないでしょうか? 激し …

ものもらいの予防方法!最悪かかったら治し方はこれ!

みなさん、こんにちはマッサンです。 ものもらいで目がごろごろしたり、腫れたりした …

鼻毛の処理の注意点!わかっちゃいるけどやめられない!

みなさん、こんにちはマッサンです。 身だしなみのひとつに加えられている鼻毛の処理 …

風邪の症状?咳が長引く原因と対処法!

みなさん、こんにちはマッサンです。 咳が長引くと本当に困りますよね!なんとか早く …

下痢をしたら肛門が痛くなるのはなぜ?治す方法は?!

みなさん、こんにちはマッサンです。 体調管理はバッチリでしょうか。 一度の下痢く …

子供に突然の鼻血?寝せてはダメ!正しい止め方とは?

みなさん、こんにちはマッサンです。 突然の鼻血にビックリするのは本人よりも周りの …

口臭で気づけ!逆流性食道炎が原因であなたを襲う!

みなさん、こんにちはマッサンです。 体臭や口臭は他の人にも不快感を与えるけど、何 …