知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

これを読めばあなたも病気知らずの仲間入り!あなたに健康をお届けします。

*

頭痛に微熱ついに咳まで!こんな症状の病気は風邪?

   


みなさん、こんにちはマッサンです。

最初は体がだるいなと思っていたら、ちょっと頭痛がしてきた。咳2

ちょっと微熱もあるし、ついに咳を伴ってきた単なる風邪かな、それとも悪い病気を疑ったほうがいいのかな?

今回は、『頭痛に微熱ついに咳の症状の代表的病気』について解説したいと思います。

Sponsored Link


 

咳の症状から呼吸器の病気を疑う

みなさん、咳の症状で一番疑うのはなんでしょうか?

やはり、『風邪』別名『感冒(かぜ)』でしょう。

一般的に言われる『風邪』という病名は無いようです。

呼吸器系の急性炎症を総称して『風邪症候群』と呼ぶようで、
熱、鼻や喉の炎症、頭や関節の痛みが症状として表れるとあります。

 

とは言うものの、風邪と言う呼び方が一番なじみやすく、伝わりやすいと思います。

今回は、最も一般的である『風邪』について掘り下げていきたいと思います。

 

風邪の範囲

肺に通じる空気の通り道を気道といい、
鼻腔、口腔、喉頭、気管、気管支などから構成される。

鼻から口腔、咽頭までを上気道
それ以降の気管支までを下気道と呼びます。

風邪』は上気道の炎症を指した病気で、上気道炎とも言います。

よって、下気道の炎症は気管支炎と呼ばれる。

また、さらにその奥になる肺が炎症を起こせば肺炎と呼ばれます。

 

さらに『風邪』の原因についてさらにみてみましょう。

 

風邪の原因は

『風邪』は原因のほとんどがウィルス感染です。

ウイルスは100種類以上あると言われます。また、季節でその流行があるようで、

年間をとおして感染するライノウイルス、コロナウイルス
主に鼻から喉の炎症を引き起こす代表的な風邪のウイルスです。

夏を中心に流行るものとしてはエンテロウイルス、エコーウィルス、コクサッキーウイルスで、夏場は冷たいものを摂取することで胃腸の冷えもあることから、腹痛や下痢を伴うやっかいなウィルスです。

春から秋まで幅広く活躍するのがアデノウイルスで、喉の痛みや腫れを引き起こすと共に、目に炎症を起こす特徴があります。
プール熱の発症はこのアデノウイルスによるものです。

プール熱症状と対処方法は  こちらの記事  をご覧ください。

冬季に多いのがRSウィルスで、肺炎の引き金ともなりえます。

流行期にいつも注目されるインフルエンザウィルスが代表的です。

 

風邪の原因は、季節との関連は大きいですが、これは、周りにウィルスが蔓延することでさらに拡がりを助長するのです。
湿度の低下や温度変化の気候原因もありますが、
最も注意しなければならないのは、体の免疫力の低下による風邪に負けたということが最大の原因と考えられます。

Sponsored Link


 

症状で風邪と判断できないか

風邪の場合ウイルスの種類で若干の相違はありますが、進行状況をよくチェックすれば風邪かその他の病気か判断できます。

それでは風邪の判断方法をお教えします。

①先ずなんか変という体の変化に注意。体のだるさ、喉や鼻の乾燥、寒気

この症状は間違いないでしょう。のどの痛みや鼻水、鼻詰まり、頭痛、発熱

咳や痰がでてくる。この症状になるとウィルスは増殖しながら上気道から下気道へ拡がりをみせています。ちょっとやっかいな状況の始まりですね。

 

上記の①から②の症状でほぼまちがいなく『風邪症候群』です。

でも、ここ②で何もしなくて自然治癒もありえます。

ここ②で、しっかり予防と対処すれば治癒可能です。(医者の診察を必要としなくて治癒できます)

その方法は  こちらの

☆☆☆☆☆喉の痛みが治った!予防もできる7つの対処法!をご参考に。

 

③の症状がでたときは、医者の診察を受けた方がいいでしょう。

今までの経過症状を詳しく説明し、指示を仰ぐことです。
これ以降の他の病気を併発することに要注意です。

 

まとめ

風邪と言っても安易な自己判断は危険です。

判断方法について、述べてきました。

①だるさ
②喉、鼻、頭痛、熱

の経緯をたどれば、風邪です。
風邪は、冷やさないようにして、栄養つけて、睡眠とればほぼ完治できます。

③咳、痰

の症状までこじらしたら、自己治癒はむつかしくなります。医者の治療を必要とすることとなるでしょう。

 

こうならないためにもこちらの  予防法  はぜひご活用ください。

最後まで、お読みいただき有難うございました。

 

Sponsored Link


 

 

 

 - 呼吸器の病気, 病気

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

気になる臭い口臭!自分で判る口臭チェック方法!

みなさん、こんにちはマッサンです。 口臭は誰にもあるようですが、口臭の予防と対策 …

子供の発熱を観察!解熱の判断に焦りは禁物!慎重に!

みなさん、こんにちはマッサンです。 突然の子供の発熱に新米ママさんはオロオロ! …

腰痛の治し方!車の運転中にできる解消法を伝授!

みなさん、こんにちはマッサンです。 寝込むほどでは無いけれども腰痛に苦しむ人は多 …

子供に突然の鼻血?寝せてはダメ!正しい止め方とは?

みなさん、こんにちはマッサンです。 突然の鼻血にビックリするのは本人よりも周りの …

ものもらいの予防方法!最悪かかったら治し方はこれ!

みなさん、こんにちはマッサンです。 ものもらいで目がごろごろしたり、腫れたりした …

インフルエンザの症状?2016年の幼児と子供の場合!

みなさん、こんにちはマッサンです。 インフルエンザが猛威をふるっています。 20 …

「胸焼け」の解消法はコレ!手っ取り早くすっきりと!

みなさん、こんにちはマッサンです。 食べ過ぎや飲み過ぎでおきる『胸焼け』ですが、 …

血中脂質検査結果のコレステロール値で驚かないために!

みなさん、こんにちはマッサンです。 年に一回くらいは血液検査を受けていますか。 …

蓄膿症の原因を探れ!実践と安心できる予防策とは!

みなさん、こんにちはマッサンです。 蓄膿症の言葉はご存知のことと思われます。しか …

口内炎が治らない!究極の痛さを和らげる方法を紹介!

みなさん、こんにちはマッサンです。 せっかくおいしい料理が目の前にそろっているの …