知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

これを読めばあなたも病気知らずの仲間入り!あなたに健康をお届けします。

*

喉の痛みが治った!予防もできる7つの対処法!

      2015/07/20


みなさん、こんにちはマッサンです。のど痛い1朝おきたら、のどがおかしい痛みもあるし、風邪でもひいたかな?

一刻も早く治したいのどの痛み、今回はそんな『のどの痛みの』解消法にスポットを当てて解説してみます。

この解説では、⑦のうがい方法がポイントです。お楽しみに!!

Sponsored Link


 

とにかく早く何とかしたい

のどの痛みには、色々な原因が考えられます。
のどの炎症から最悪喉頭がんということも考えられますが、
今回は、ウイルス感染や、細菌の感染による
咽頭に起こった炎症レベルの痛みとしてとらえてください。

手っ取り早くできる方法を伝授したいと思います。

 

のどの痛みをすぐに治す対処法

のどの痛みが出た後の対処法

 

①塩ぬるま湯のうがい

表題のとおり、ぬるま湯に塩を溶いたものです。

作り方としては、コップ半分のお湯に小さじ1~2杯の塩(食塩でも粗塩でもよい、私は粗塩)をスプーンや割り箸等で溶き、溶けたら水を加えご自分でうがいしやすい温度に調整してうがいをしてください。夏場もぬるま湯をおすすめします。
塩加減はやり易い加減が2~3度うがいするとつかめると思います。
なお、お湯で溶いたほうが溶けやすいため最初はお湯を使います。

 

②緑茶ぬるま湯のうがい

以前テレビで紹介されていたのですが、手洗い場の蛇口をひねると緑茶が出てくるという小学校があったように思います。確かお茶の名産地だったと思います。
飲んでもいいのですが、この緑茶でうがいをする習慣をつけさせインフルエンザの予防に役立てているというねらいで、効果ありという評価を得ていたと思います。
このように、緑茶の成分の「カテキン」と「テアニン」という成分がウイルスの吸着や体の免疫力のアップに効果は確認されていますので、ぜひ取り入れていただきたいと思います。

 

③のど飴やトローチの利用

のどの痛みの場合、ウイルスや細菌がのどに蔓延している可能性があるため、
いきなり、のど飴やトローチを口にすることはおすすめしません。
うがい後になめてのどを潤すことをおすすめします。

 

④はちみつをなめる

はちみつは医薬品ではないため、その成分がどのような効果を表すかという実験データはすくないようですが、自然で採取されたはちみつは酵素の働きが著しく、酵母菌や乳酸菌のような殺菌作用や腐敗防止作用があることは検証されています。
これら自然の酵素類が殺菌や湿潤を与えているようです。
いきなり飲み込むのではなくて、のどの周りを転がすようにするのが効果が大きいようです。
なお、はちみつのむくはのどに刺激を与える場合もあります。その場合は、ぬるま湯で希釈してなめても全く問題ありません。

 

のどの痛み防止の対処法

 

⑤マスクの使用

マスクといえば、寒い時の空気が乾燥する時に使用するのが一般的なようですが、夏場の場合でも場合によっては効果があります。
・冷房をした部屋で湿度が低くなった部屋で寝る場合は、冬場と同じような条件となりのどを痛めることは多くなります。こういうときはマスクが効果を発揮します。
・いびきをかいたり、口呼吸で寝る人にもマスクの効果は大きいです。

 

⑥のどを冷やさない

これは、季節に全く関係なく、特に就寝中にのどを冷やさないことは重要です。
夏場の冷房、明け方の冷え等からとにかくのどを守りましょう。
ネックウォーマーのようにスッポリとかぶって脱げないものがおすすめです。

 

異常が出た後も予防するにも究極の対処法

 

⑦鼻うがいのおすすめ

ちょっとコツがあります。でも、これをマスターすると『うがい』と言えばこれになるでしょう。

用意するうがい液は①の塩ぬるま湯です。
温度は38~40℃くらいでしょうか、体温より温かくですね。
塩の塩梅はやや辛めです。
※水ではむせて無理です。水泳中に鼻から水の入った状態?となります。

コップの縁を鼻の下に当て、鼻から吸い込むのです。
そして、口から吐き出します。
当然、鼻詰まりのときは無理です。

ちょっと練習が必要かと思います。

 

そのコツは、

誰でも経験あると思いますが、鼻水がズルズルと出ているとき

吸い込んでそのままゴックンと飲み込まず
のどからUターンさせて口からペッと出したことはあるでしょう。

これができる人はできます。(キッパリ

ちょっときたない話になりましたが。

 

Sponsored Link


 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

予防することが一番ですが、ついうっかりで、のどの痛みが出てしまった場合は

ぜひ、お試しいただきたいと思います。

 

⑦の『鼻うがい』は鼻のグズグズからのどの痛みまで

普段から私が実施している方法です。

最初は、鼻に吸い込んで鼻から出すということからをおすすめします。

これだけでティッシュを使うより鼻はスッキリすると思います。

 

暑い時期でものどの痛みには注意しましょう。

最後までお読みいただき有難うございました。

 

Sponsored Link


 

 

 - のどの病気, 病気

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

痛みを早く回復したい!筋肉痛の予防と対策

みなさん、こんばんはマッサンです。 筋肉痛の辛さは誰でも経験していることと思いま …

熱の出ないインフルエンザ?周囲に危険を与えるかも!

みなさん、こんにちはマッサンです。 インフルエンザにかかっても熱が出ないこともあ …

熟睡できないのは不眠症?睡眠薬を飲む前に試したい!

こんにちは、マッサンです。 人は夜は眠るようになっていますね。この行為がスムース …

頭痛が夕方になると起こる!驚異の解消法を紹介!

みなさん、こんにちはマッサンです。 私の周囲の人からもよく聞きますが、夕方になる …

鼻水を即効で止める方法!試しても大丈夫でしょうか?

鼻水がとまらな~い!なんとかしてえ~!と言う時に即効で止める方法を探すと色々とあ …

「胸焼け」の解消法はコレ!手っ取り早くすっきりと!

みなさん、こんにちはマッサンです。 食べ過ぎや飲み過ぎでおきる『胸焼け』ですが、 …

口呼吸していませんか?鼻呼吸への治し方教えます!

みなさん、こんにちはマッサンです。 いつの間にか口呼吸をしていたなんてことはよく …

インフルエンザの症状?2016年の幼児と子供の場合!

みなさん、こんにちはマッサンです。 インフルエンザが猛威をふるっています。 20 …

鼻毛の処理の注意点!わかっちゃいるけどやめられない!

みなさん、こんにちはマッサンです。 身だしなみのひとつに加えられている鼻毛の処理 …

子供の口臭が気になる!考えられる原因と対処法まとめ!

みなさん、こんにちはマッサンです。 一度気になりだすともうダメ!会う人の口臭をつ …