知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

これを読めばあなたも病気知らずの仲間入り!あなたに健康をお届けします。

*

アトピー性皮膚炎の原因?これだけは検証の価値あり!

   


みなさん、こんにちはマッサンです。

~健康へのいざない即効ヘルスケア~へのご訪問ありがとうございます。

アトピー1アトピー性皮膚炎でお困りのお母さん方、藁をも掴む思いでその対処にご苦労されているのではないでしょうか。

アトピー性皮膚炎の原因はいまだはっきりとは解明されておらず、遺伝による体質に、アレルギーによるもの、ダニ雑菌によるもの等が付加されて発症すると一般的には言われています。

最後は神頼みということも現実にあるようです。

今回はこのアトピー性皮膚炎の原因についてスポットを当ててみたいと思います。

 

Sponsored Link


 

アトピー性皮膚炎の原因

原因がわかればその対策は立てられると思うのですが、

みなさん苦労されているということから見れば、確実な原因究明がまだされていないということになるのでしょう。

一般的に原因と言われる内容を列挙しますと、

遺伝的要因

・遺伝は原因の一つとはいわれますが、親が持つアレルギー体質が子供に高い確率ででるという報告はありますが全く出ない場合もあり、確定的という判断ができないようです。
人はアレルギー自体は元々持っており、体に異物なり細菌が入ってくると、それを排除しようとする行為は無くてはならず、これもアレルギー反応で必要なことであり、あまり遺伝にこだわる必要はないとされています。

体質的要因

・皮膚のバリア機能の低下
・乾燥肌
・血行不良
・体温調節不良
・自律神経の機能低下
・免疫系の機能低下
・内分泌系(ホルモン)の分泌異常
・新陳代謝の低下

外部的要素

・アレルギー物質(カビ、ダニ、ペット、)家庭内環境
・アレルギー物質(PM2.5、黄砂、ホコリ、花粉)屋外からの飛散環境
・アレルギー物質(大豆、小麦、そば、落花生)植物性飲食による環境
・アレルギー物質(卵、牛乳)動物性飲食による環境
・アレルギー物質(えび、かに)魚介類飲食による環境
・化学物質(合成洗剤)
・化学物質(漂白剤、カビ取り剤)
・化学物質(殺虫剤、忌避剤)
・化学物質(防虫剤)
・化学物質(芳香剤)
・化学物質(抗菌剤)
・化学物質(たばこ副流煙)
・化学物質(ホルムアルデヒド)
・化学物質(揮発性有機化合物)
・酸化物質(穀類)
・酸化物質(食用油)
・生活習慣(食事)
・生活習慣(運動)

原因をあげるときりがないほどあると思います。

今回は、これらの原因と考えられるものの内、特に注意を要する物質について順次検証されることをお薦めします。

Sponsored Link


 

検証価値のある原因対策

遺伝的要因と体質的要因は、医者との連携により対処療法で実施することが良いと考えます。

今回は、外部的要素をからぜひ実施していただきたい項目を洗い出します。

①化学物質(合成洗剤)を使わない
・合成洗剤を使用した洗濯物は、いくらすすぎを丁寧にしても界面活性剤は残り、肌から吸収するには十分すぎる量が残っています。水だけでも丁寧に洗うことで十分です。不安に思われる場合は少量の重曹を今までの洗剤替わりに使用することでよいと思われます。

②たばこの煙をさける
・たばこ有害説はもうお馴染みとなりました。たばこを吸う人より周りにいる副流煙を吸わされる人のほうがその悪影響は大きいといわれます。赤ちゃん子供がその犠牲になるわけですね。先ずは家庭内で副流煙を吸わされる環境を排除してください。

③防虫剤を使わない
・防虫剤に含まれた化学物質パラジクロロベンゼン薬物が揮発したガスが悪影響を与えます。発疹や強いかゆみ最悪は呼吸困難を引き起こすことがあります。最近は自然素材を使った防虫剤もあります。昔のイメージは捨てたほうがいいでしょう。ついでに、今も使っているようなら捨ててしまいましょう。

④酸化白米を食べない
・購入したお米はなるべく早く使い切ることがいいのですが、中々そうもいきませんし、お米が安かったらつい買いだめしたりもします。お米は冷蔵庫で保存できればそれに越したことはないのですが、中々そうもいきません。
酸化するということは、糠の脂分が酸化してしまうのです。割高になるかも知れませんが小ロットでの購入で早く使い切ることです。
玄米を自宅で精米機を使って搗いている人は、搗きだめしないでこまめに精米するのがいいでしょう。

⑤酸化したスナック菓子をたべない
・基本的には、前記④と同じですが、元々油で揚げたスナック菓子は酸化の度合いが激しく注意しなければならないということです。

以上、5項目はぜひ実施して、お子様の状況確認をしてみてください。

対症療法で塗り薬等を使う場合は、お医者さんとの連携プレーが必要と思われます。

 

まとめ

アトピー性皮膚炎は乳幼児から子供に多く発症する病気です。

言葉の通じない乳幼児の対処は特に大変になります。

少しでも考えられる原因除去は実施したいものです。

地道にやることとは思われますが、諦めずに実施してもらいたいと思います。

 

少しでもお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき有難うございました。

 

Sponsored Link


 

 

 - 病気予防

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

免疫力アップのカギ!絶大な効果は血流改善にあり!

みなさん、こんにちはマッサンです。 健康を願わない人はいないと思います。一旦体調 …

ダニに噛まれて痒い!布団のダニ退治はできてますか?

みなさん、こんにちはマッサンです。 ダニに噛まれて痒くて痒くて掻き毟りた~~~~ …

体が冷えた場合の対処法!おススメぬか袋の効用!

みなさん、こんにちはマッサンです。 ぬか袋をご存知でしょうか? 私たち子供のころ …

食べ過ぎが病気の元なら病気にならない食べ方をせよ!

みなさん、こんにちはマッサンです。 日本は飽食の時代と言える。 別の表現をすれば …

咳の症状を無理なくしずめる方法!永久保存版!

みなさん、こんにちはマッサンです。 咳が続くと辛いですよね。 特に夜間など寝てい …

ピックアップ梅雨時期の食中毒の注意点

  何気ない普段の行動が思わぬ落とし穴に! 何気ないその行動がとんでも …

高血圧が食事で治る?運動しなくていいの?

みなさん、こんばんはマッサンです。 私の祖父は、健康で健康で100歳近くまで元気 …

『冷え』を防ぐのは靴下?冷やさない健康法の極意!

みなさん、こんにちはマッサンです。 『冷え』は万病の元!わたくしマッサンはこの教 …

物忘れでもう悩まない!物忘れを未然に防ぐ方法を伝授!

みなさん、こんにちはマッサンです。 歳を重ねる毎に気になりだす物忘れ! 最近は若 …

手足口病と感染性胃腸炎が感染症の流行上位を独占!

みなさん、こんにちはマッサンです。 毎年のことですが、今年は去年に比べて○○○で …