知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

これを読めばあなたも病気知らずの仲間入り!あなたに健康をお届けします。

*

動脈硬化の対処法!薬に頼らず楽々予防

   

Pocket

こんにちは、マッサンです。

動脈硬化は、生活習慣病(従来の呼び方:成人病)が引き金と言われていますが、動脈硬化1その他に、どんな注意をしたらいいのでしょうか。

今回は『動脈硬化』にスポットをあてて解説してみます。

Sponsored Link


 

動脈硬化は聞くけど静脈硬化はないの?

動脈硬化は確かによく聞きます。静脈硬化とはほとんど聞きませんね。ご存知とは思いますが、動脈と静脈についてざっくりと説明します。

動脈とは心臓を中心にして血液の流れから見ますと、心臓(ポンプ)から押し出された血液が体の隅々まで酸素や栄養を運ぶ役目をしているのが動脈です。
本来の役目が終わった血液はその折り返し点からは心臓に返されることになります。この部分が静脈になります。

 

では、同じように血液が流れているのに静脈硬化は起こらないかといいますと、実際は「静脈硬化」も起こっています

 

動脈は、臓器や体の末端まで酸素や栄養素を運ぶのですが、血管は心臓から遠くなるほど細くなり、高い圧力がかかり血管が損傷しやすく血栓やプラークが溜まりやすいこともあり、本来は運ばなくていい過剰なコレステロールが堆積し動脈硬化が問題になります。

一方、静脈は血管自体が大きくなる方向に流れるため圧力も下がり血管を傷つけにくいということと、一本や二本詰まっても迂回して流れあまり問題とならないため、静脈硬化を問題視しないようです。

 

健診で動脈硬化異常なしと言われた人

おめでとうございます。

検診で、異常なしと言われた途端に心配事が吹っ飛んだような気持ちになりますね。

病は気からというのはこういうことを言うのでしょう。
やっぱり、俺は正しかった今の生活習慣でいいんだと早合点するのは注意物です。

多分、コレステロールを下げる薬なども処方されることはないですから、一安心ではあるのですが、一般的には計測した数値が限界ギリギリであれば、このままの生活習慣を続けれは悪い方向に進むのではないでしょうか。
(ただし、生活習慣の指導を受けて食生活の改善等に取り組んでる方は今の習慣を維持しても問題ないとは思います。)

何もなかったあなた、それでも以下のことは守ってみませんか

・禁煙

・過度の飲酒

・塩分の取り過ぎ

・偏った食事(特に高カロリー高脂質の取り過ぎ)

・肥満防止

・ストレス排除

・適度の運動(足を使った運動)

頭の片隅に入れておきましょう。習慣づけが大事です。運動1

 

検診で動脈硬化と指摘されたら

ええっ!と悲観することはありません。

やはり、検診数値で気になるのは脂質異常ではないでしょうか?

脂質異常について掘り下げてみてみましょう!

 

中性脂肪とは

・血液中に溶け込んでいる脂質の一つで、働きとしては体を動かすエネルギー源となり、その他にも、内臓保護体温の維持などの重要な働きをしています。
しかし、増えすぎると様々な悪影響を及ぼすことになります。

 

コレステロールとは

・コレステロールには「LDLコレステロール」=「悪玉」と
HDLコレステロール」=「善玉」があり、当然悪いのはLDLコレステロールであって、酸化しやすく血液内にこびりつきます。一方、HDLコレステロールは余分なコレステロールを回収してくれる働きがあり重要です。

測定値では、中性脂肪、LDLコレステロール、HDLコレステロールの3点を見てください。
基準値が記入されていますから、それとの比較になります。

コレステロールと言うと何でも低い方がいいと思ってしまいますが、HDLに関しては低いとまずいんですね。覚えときましょう。

 

コレステロール薬をのまなくていい方法

数値次第では、コレステロールを下げる薬を処方しましょう!となるのですが、

先ずは拒否して、日常のケアで対処してみましょう。
と申しますのは、コレステロールを下げる薬の効果が明確ではないからです。

Sponsored Link


先ずは家庭からです

 

脂質異常の対処方法

食生活の見直し
・食べすぎはだめです。昔から腹八分と言われています。

・肉に偏らず魚も摂る。

・低脂肪、低カロリーに心がける。

・コレステロールの多い食品(卵黄、レバー、魚卵)を控える

・吸収抑制排泄作用の高い食物繊維をしっかりと摂る。

・糖分、アルコール、果物の摂り過ぎに注意。

体を動かす
・一日30分以上、週3日以上の有酸素運動を基本にする。

※具体的行動は
☆☆☆・歩きましょう。歩数を増やすことです。
☆☆☆・車通勤から、バス電車の利用へ。
☆☆☆・欲を言えば一駅前から歩く。
☆☆☆・エレベータを使わず階段を。

禁煙
・食生活とは違った”嗜好品”になる「たばこ」動脈硬化の危険因子と言われています。
これを機会に『禁煙』に挑戦ですな!

 

以上、対処方法いかがですか?!

そりゃ、薬飲まなくて良いなら僅かな努力も必要でしょう。
一番きついのは禁煙ですか?
(私も昔はやってましたから分かりますよ。でも今ではなんであんな馬鹿らしいことをと思いますから)

 

まとめ

『動脈硬化』について少しはお分かりいただけたでしょうか。

年一回の血液検査でその傾向管理をしていれば、そんなに慌てることでもないでしょうし、誰でも齢とれば何らかの症状はあらわれるでしょう。

無理に薬で抑えるよりも、本来持っている治癒能力をもっと信じたいのですけどね!

みなさん、動脈硬化を動脈効果にして良い方向に向けてください。

最後までお読みいただき有難うございました。

Sponsored Link


 

 - 病気予防

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

咳の症状を無理なくしずめる方法!永久保存版!

みなさん、こんにちはマッサンです。 咳が続くと辛いですよね。 特に夜間など寝てい …

食品添加物の摂取量10キロ!減らすための知恵!

みなさん、こんにちはマッサンです。 日本人の食品添加物の平均摂取量は10グラム/ …

物忘れでもう悩まない!物忘れを未然に防ぐ方法を伝授!

みなさん、こんにちはマッサンです。 歳を重ねる毎に気になりだす物忘れ! 最近は若 …

免疫力はミネラルで!腸内フローラ満開の決め手はコレ!

みなさん、こんにちはマッサンです。 いきなりですが免疫力を高めるためにどんなこと …

一日の歩数はどれ位?歩数があなたの体調を管理する!

みなさん、こんにちはマッサンです。 毎日散歩やウオーキングしてますか? 仕事柄歩 …

手足口病と感染性胃腸炎が感染症の流行上位を独占!

みなさん、こんにちはマッサンです。 毎年のことですが、今年は去年に比べて○○○で …

血糖値を抑える健康野菜!菊芋のすぐれた効果を試そう!

みなさん、こんにちはマッサンです。 血糖値管理をしている人は多いのではないでしょ …

お風呂で健康になる入浴法!体は温めた方がいいの?

みなさん、こんにちはマッサンです。 一日の疲れを癒すお風呂ですが、夏はシャワー、 …

太ももマッサージの効能?!血流改善に大きく寄与!

みなさん、こんにちはマッサンです。 ダイエットや痩せる目的で色々なマッサージを経 …

鉄欠乏性貧血!なぜ女性に多い?鉄分補給で治るの?

こんにちは、マッサンです。 一番身近な血液の病気と言えば、貧血が上げられるのでは …