相談しづらいいんきんたむし②!その治療法と治療薬 | 知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

これを読めばあなたも病気知らずの仲間入り!あなたに健康をお届けします。

*

相談しづらいいんきんたむし②!その治療法と治療薬

   

Pocket

みなさん、こんにちはマッサンです。

前回の『相談しづらいいんきんたむし』の後編をお送りします。

夏に流行る病気シリーズ第19回『相談しづらいいんきんたむし②』の解説です。

カビキラー1今回は治療法をメインに解説したいと思います。カビキラーではちょっと無理かな?

Sponsored Link


 

『いんきんたむし』のおさらい

前回参考動画を交えて「いんきんたむし」の解説をしてきました。

再度確認する場合はこちら  『いんきんたむし』前編

・水虫と同じ「白癬菌」というカビの一種の菌が

・「陰股部」(いんこぶ)に感染し

・強いかゆみと赤い発疹で次第に盛り上がりと環状に広がる症状

とお話してまいりました。

人から人へ感染し、高温多湿を好むこの菌は、風通しの悪い股間を狙い撃ちです。

何を隠そう、筆者も嫌というほど身をもってその体験をしています。

もう一度言います。本当にかゆくて、かゆくて、つらい症状でした。

 

『いんきんたむし』の治療方法と治療薬は?

市販の塗り薬で完治も可能のようです。ただし、市販薬は種類も多くどれを選択したら良いかは迷ってしまうとおもいます。薬局の場合は患部を見せることが出来ないでしょうから口頭による症状説明になるかと思われます。

注意しなければならないのは、白癬菌以外の症状でかゆみやかぶれがある場合は効かないということですね。

やはり、一度は病院で検査してもらい確認の元に処方してもらうことが確実なのではないでしょうか。

恥ずかしいなどとは言ってられないと思います。あなたが家族にも移す可能性があることはしっかりと自覚しておきたいものです。

検査も患部の表皮を一部はぎとり、顕微鏡で見るだけですぐに判別できるようです。
移されたことが何も恥ずかしいことではないと思いますけどね。

一度は皮膚科の門をたたくことをおすすめしますし、確実です。

白癬菌1

ちなみに、筆者の場合の治療方法ですが、病院にはかかっておりません。
(病院嫌いというだけではないのですよ)

集団感染ということもあり、『いんきんたむし』とすぐ判断できました。
今でもはっきり覚えていますが、市販の「タムシチンキ」をお互いヒイヒイ言いながら塗って「うちわ」でパタパタと仰ぎしのいだことを記憶しております。

完治したようにあって、汗をかく時期になると数年間は治療を繰り返したと思います。
☆この辺は若干記憶が薄れています。
当時集まっていた研修生十数人は、完治せずに次の赴任先に持ち帰ったのではないかと思われます。

ひょっとすると、加害者になっているかも知れませんね。

数年間は、発症を繰り返していたと思いますが、いつの間にか完治したという経緯です。
発症当時は、くろずんだ跡も残っていたようですが今は完全に消えております。
当時としては、あのしみわたるヒイヒイの快感が「いんきんたむし」をやっつけているんだと自己満足で治療に専念したように思います。

 

ついでに補足しておきますと、この研修所で研修を受けた後輩が、『いんきんたむし』にかかってね~という話で、宴会の席を盛り上げた記憶ははっきりと覚えています。

多分、風呂場で脈々と生き続けた偉大な『白癬菌』だったのでしょう。

 

まとめ

かかった人にしかわからない「かゆくて」「つらい」悪魔の『いんきんたむし』かかった人は声をそろえて言うでしょう。

耐え切れません”“何とかしてください”と!!

この原因となる「白癬菌」は、高温、多湿と不潔な場所を好むと言われます。
石鹸できれいに洗ったあと、しっかりと乾燥させることが、第一の予防対策です。

また治療薬は根気よく続けることと、治ったと思っても直ぐにやめないでしばらくは続けることが大事で菌を完全根絶させることです。
中途半端はいけませんね。しつこく残っていてある時期がくると目を覚まします。

また、「白癬菌」は付いたから必ず感染するという物でもない様で、付いた後もきれいに洗い落とせば感染は防止できるということです。

みなさん、少しは安心しましたか。

以上のことをふまえて『いんきんたむし』の感染防止に役立てていただけれは幸いです。

最後までお読みいただき有難うございました。

Sponsored Link


Sponsored Link


 

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

熱中症の予防と対策!危険度チェック

みなさん、こんにちはマッサンです。 熱中症の予防と対策も今回でシリーズ第10回と …

寝冷えの症状!原因追求と対策は?

みなさん、こんにちはマッサンです。 今回はこれ このあと、どうなったか なんとな …

風疹と麻疹の違いは?ワクチン接種はどうする?

みなさん、こんばんはマッサンです。 夏に流行る病気シリーズ第8回は、風疹について …

体が硬いのは何が原因?簡単に柔らかくする方法は!

みなさん、こんにちはマッサンです。 体の硬さを調べるのに前屈をして手が床につかな …

夏に流行る病気?種類を知っ特!

みなさん、こんにちはマッサンです。 日本の夏、何かのコマーシャルにも流れていまし …

相談しづらいいんきんたむし!その感染源と症状は①

この投稿をしながら、はるか昔18歳の青春を思い浮かべております。 社会人一年生、 …

夏の病気?結膜炎はプールでうつる?その種類は?

みなさん、こんにちはマッサンです。 夏に流行る病気シリーズ第7回をお送りします。 …

日焼けで痛い!後悔しない正しいケアを見逃すな

みなさん、こんにちはマッサンです。 ついこの前までは”太陽の季節”と言って、ドラ …

夏に流行る病気!手足口病の症状!大人への感染も

みなさん、こんばんはマッサンです。 『夏場に流行る病気の知識と予防方法』の個別チ …

膝痛は自分で治せる!体験版

みなさん、こんにちは!マッサンです。 膝痛に悩む方は多いのではないでしょうか? …