知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

これを読めばあなたも病気知らずの仲間入り!あなたに健康をお届けします。

*

夏に流行る病気!りんご病の感染力と対処方法

   


みなさん、こんにちはマッサンです。

『夏場に流行る病気の知識と予防方法』の個別チェック!シリーズ2【りんご病】について一緒に考えてみましょう。

りんご病イラスト1

りんごダイエットはよく聞きますが、【りんご病】は余り馴染みがありません。

りんご病は幼児に多く発症し、その独特の特徴がほっぺがりんごのように赤くなることで、【りんご病】という名前の由来があります。

春先から7月位までが最も多く発症し、やはり季節性はあるといわれています。

妊婦イラスト1

注意すべきは“妊婦さん”で後ほど詳細に述べます。

Sponsored Link


 

その症状と感染力は?

最初は頬が赤くなる症状が発生します。表現は【紅斑(こうはん)】と呼ばれ、まれに手足やカラダに広がる場合があります。

自覚症状では、微熱とかぜに似た症状(ウイルス感染)が出る場合もありますが、必ず出るということでもないようです。

比較的軽い症状で、ちょっと風邪をひいたのかなと思っていると、頬(両方の頬)に紅斑(こうはん)が出てくるという順番です。

感染力自体は弱いため、大流行ということは無いようですが、保育園や幼稚園での集団感染もなきにしもあらずといったところです。

 

感染経路は?

感染はウイルスで咳やくしゃみによる【飛沫感染】と【接触感染】があります。

りんご病は軽度の症状でほとんどが収まるため、あまり過敏になる必要はないでしょう。自然治癒で対応できそうです。むしろ、一度かかれば免疫ができるため再びりんご病にかかることはありませんから、子供のうちにかかってしまったほうが良いかも知れません。

成人がかかった場合は子供より程度は重くなるという結果が出ているようです。
大人の場合は、頬に紅班は出ずに手足に発疹が出るということもあるようで、判断がむつかしいようです。
また、発熱、関節痛、倦怠感が出てその期間も長くなり、子供より程度は重いようです。
成人でも免疫を持っているのは半数といわれ、逆に言えば成人でもかかる率は高いと考えられます。

 

妊婦さんは特に注意ですよ!

大人の半数近くはりんご病の免疫を持ちません。だから、大人でも発症します。

注意したいのは妊婦さんです。

妊婦さんでも免疫を持たなければかかります。だから、周囲にりんご病の発症者がいる場合はさけたいですね。子供が保育園や幼稚園から持ってくることもあるでしょう。

妊婦さんがりんご病に感染すると胎児に感染してしまうことが確率的に高いから注意しなければならないのです。
周囲に感染者がいたり、何らかの自覚症状がある場合は、先ず妊婦さんの採血検査で判明できます。問題は、胎児に感染しているかどうかということで専門的な確定診断が必要となります。

おそろしいのは、本人の自覚症状がないまま、胎児が最悪胎内死亡にいたり、りんご病に感染していたという事後判定にいたるというようなことが実際おきているようです。

 

まとめ

りんご病自体は感染力もそう強いものでなく、症状も重いものではありません。

一度かかると、免疫ができ生涯かかることはありません。

以上のことから、幼少期には感染して免疫を持ったほうがいいと考えますが、間違いでしょうか?
特に、女性で妊娠してから感染することを考えれば幼少期にあえて感染者に接触させてでも免疫をつけたほうが良いと考えますがどうでしょうか?
その辺のところを色々と調べましたが、公開されていないようです。

みなさん、どう思われますか?

りんご病の流行周期は統計的に5年というのが大まかに出ているようです。

過去の周期では2007年、2011年に(4年周期)流行しているようです。
これから見ますと今年か来年がその流行周期にあたりそうです。

感染したらまずい方は十分注意していただきたいと思います。

本日も最後までお読みいただき有難うございました。

 

Sponsored Link


Sponsored Link


 

 

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

熱中症の予防と対策!子供の熱中症は親の責任?

みなさん、こんにちはマッサンです。 熱中症の予防と対策シリーズ6回目となります! …

夏に流行る病気!ヘルパンギーナの症状と対策とは

みなさん、こんにちはマッサンです。 『夏に流行る病気』シリーズ第3回【ヘルパンギ …

熱中症の予防と対策!お役立ち情報の活用

みなさん、こんばんはマッサンです。 熱中症の予防と対策シリーズ7回目をお送りしま …

血栓症の症状抑制!早期治療と予防対策!

みなさん、こんばんはマッサンです。 夏に流行る病気シリーズも第12回となりました …

熱中症の予防と対策!高齢者の危険な行動

みなさん!こんばんはマッサンです。 ご両親と同居しているご家庭では、 暑い時期は …

相談しづらいいんきんたむし!その感染源と症状は①

この投稿をしながら、はるか昔18歳の青春を思い浮かべております。 社会人一年生、 …

熱中症の予防と対策!危険度チェック

みなさん、こんにちはマッサンです。 熱中症の予防と対策も今回でシリーズ第10回と …

手っ取り早く有酸素運動!室内?ジョギング?水泳?

みなさん、こんばんはマッサンです。 健診の事前問診票でいつも答えにくい項目があり …

夏バテ!究極の解消法!ヒントは夜?

みなさん、こんにちはマッサンです。 何となく体がだるい、朝中々起きれない、疲れが …

夏に流行る病気!手足口病の症状!大人への感染も

みなさん、こんばんはマッサンです。 『夏場に流行る病気の知識と予防方法』の個別チ …