知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

これを読めばあなたも病気知らずの仲間入り!あなたに健康をお届けします。

*

熊本地震!体験者の備忘録として残します!

   


みなさん、こんにちはマッサンです。

自然災害とは言え未だに恐怖から逃れられません。

2016年4月14日午後9時26分

いきなりの大揺れ、テーブルに手をつくのが精一杯、テーブルの下に潜る行為も出来ず!

揺れがおさまるのを待つのみ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ここに熊本地震の体験者の備忘録として残します!

普段の備えに利用いただければ幸いです。

 

Sponsored Link


 

地震とは無縁の生活をしていた

やっと落ち着きを取り戻しつつあるとは言え、余震が来る度に身構える恐怖は断ち切ることはできません。

 

震度7

やはり尋常ではないですね。

 

一週間小学校体育館への避難生活。

まさか、自分たちが避難生活をするなんて考えてもみませんでした。

 

普段の生活がそうだったのです。

地震があると、あっ地震だというくらいの意識しか持っていませんでした。

でも、これが地震大国ニッポンといえど通常の意識だと思います。

これほどひどい地震災害に遭遇してないからですね。

 

一般的な常識が通用しないことも

大きな地震があると、その後余震がしばらくは続くと言うことが一般的ですね。

気象庁もこの4月14日の地震を本震ととらえ、熊本地震と命名しました。

 

私たちも常識的にしばらくは余震が続くのだろうくらいしか考えていませんでした。

落下した蛍光灯を再び元に戻したのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

もう、これ以上大きな地震は来ないだろうと!

 

これが現実なのです

気象庁だって判断できないことが現実は起こったのです。

 

2016年4月16日午前1時25分

恐怖の中、やっと寝入ったころの真夜中

ドーーンと突き上げるような激しい上下の揺れ!

家族の悲鳴の中、何も出来ずただおさまるのを待つばかり!

14日より激しかったですね。

一瞬、家がつぶされるという覚悟をしました。我が家は幸いつぶれるまではいきませんでした。でも、本当に死ぬんじゃないかと考える暇が十分ありました。

 

震度は6強から、のちに7に変更。

気象庁も、どうやらこれを本震と変更するようです。

過去の常識が通用しない。

 

Sponsored Link


 

備忘録を数回に渡って残します

昼間は片付け、仕事と中々時間がとれません。

まだまだ、落ち着いてはいませんが、少しずつ記憶のあるうちに備忘録として残していきたいと思います。

夜は避難先の小学校に戻りますので十分な時間は取れませんが、なるべくお役にたつ情報を今後発信していきたいと思います。

恐怖の体験者の教訓として、少しでも参考にしていただければと考えています。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 

Sponsored Link


 

 - 自然災害への備え

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

熊本地震!ライフラインが崩壊!サバイバルで生き延びる!

みなさん、こんにちはマッサンです。 震災体験備忘録!第四回を発信いたします。 我 …

熊本地震!家具の転倒や落下物を防ぐ対応策を考察!

みなさん、こんにちはマッサンです。 震災体験備忘録!第三回を発信いたします。 た …

熊本地震!安全に避難するため今では非常識の知識!

みなさん、こんにちはマッサンです。 熊本地震!体験者の備忘録!第2回を発信したい …

熊本地震!復興は時間がかかるが前向きな姿勢にエールを!

みなさん、こんにちはマッサンです。 熊本地震!前震の4月14日から一ヶ月が経とう …

熊本地震!目視で確認できた建物危険度を考察する!

みなさん、こんにちはマッサンです。 地震も落ち着いてきたとは言え、夜間の揺れには …