知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

これを読めばあなたも病気知らずの仲間入り!あなたに健康をお届けします。

*

体が硬いのは何が原因?簡単に柔らかくする方法は!

   


みなさん、こんにちはマッサンです。

体の硬さを調べるのに前屈をして手が床につかなければあなたは相当重症ですよ!

前屈
 

以前は床に手がついていたのにと言われる方も多いと思います。

体が硬いのは一般的に歳を取ってくると段々と硬くなるようです。ひとつの老化現象なのでしょうか。

ただ、生まれつきと言いますか、若いときから体の硬い人はいるようです。

体が硬いとどの様な支障があるのでしょうか?簡単に柔らかくする方法はあるのでしょうか?

今回は体の硬い人にぜひ読んでいただきたいと思います。

Sponsored Link


 

体が硬いのは歳のせいだけではないですね

先ずはこの動画をご覧ください。


 

ええっ!と思われた方もいると思いますが、若い人でも体は硬い人がいるということです。

通常は体が硬くても通常の生活では支障も無く生活しているように見えますが、

実際は気づかない支障が隠れているのです。

では、体が硬いとどんな支障があるのでしょうか?

 

体が硬い元となる原因は

体が硬い原因は、極論しますと関節の稼動範囲が広いかどうかの問題です。

しかし、この関節の稼動域を大きく左右させるのが筋肉と筋肉を支える筋です。

 

体を曲げる、伸ばすという動作の元は筋肉と筋肉を支える筋(じん帯)によっています。

腹筋や背筋という筋肉はご存知ですね。よくこれらの筋肉を鍛える運動器具が通販等で販売されています。という事は、筋肉は普段から鍛えたほうがいいようですね。

 

体が硬くて、曲げられないというのは筋肉や筋の柔軟性にどうも問題がありそうです。

大元は関節の柔らかさでしたよね。

硬い
筋肉は動かさなければ柔軟性はなくなるようです。普段からあまり筋肉を動かさない生活習慣を取っている方は体を曲げる、伸ばすという動作がスムースにいかなくなるようです。

やはり、体が硬いという元凶は筋肉の使い方にあるようです。

さらに、筋肉は免疫力アップの血流改善にも大きな効果を発揮しています。

 

こちらの、筋肉の働きによる血流改善 も参考になさってください。

 

血流が悪くなると筋肉の柔軟性だけでなく体のあちこちに支障がでてきます。

 

体が硬いとどの様な弊害があるの

体は硬いより柔らかいに越したことはないですよね。

誰でも体が硬いということは良くないと認めているのではないかと思います。

 

では、体が硬い場合の弊害はどの様な物があるでしようか?

 

・肩こりや腰痛などを起こしやすい

・同じ姿勢を続けることが困難

・なんでもないところで転びやすくなる

・足の捻挫や筋肉離れなど怪我を起こしやすい

・猫背など姿勢が悪くなる

・動くとすごく疲れやすい

・筋肉の収縮が少なく血流が悪くなる

どうでしょうか、これでは体が硬いことは悪いと認めざるを得ないですね。

 

これらの症状もまだ若いうちはそれほど気にはなりませんが、歳を取ってくると予期せぬことから怪我をしたりということに陥りかねません。

体が柔らかいと、片足立ちして靴下を履くのも問題なくできると思いますが、体が硬いとよろめいたり、転んだりということになりかねません。

ですから、ちょっとした日常生活でも体が硬いと色々と弊害がでてくるものです。

 

Sponsored Link

無理なく簡単に柔らかくする方法

体を柔らかくするというストレッチ方法が色々とありますね。

徐々に筋肉やじん帯に負荷をかけてゆっくりと伸ばしてあげるということは大事なことと思います。いわゆる関節の稼動域を広げてあげるということです。

くれぐれも急激なストレッチで体を痛めてしまうことの無いようにしたいものです。

 

私が意識して、実践している方法を紹介したいと思います。

時間をかけずに、簡単手軽にできて、即効性のある方法と三拍子そろった方法です。

ぜひとも試していただきたいと思います。

 

一般的な呼称は、

『ジャックナイフストレッチ』と呼ばれています。

 

それでは、説明します。簡単すぎますから見逃さないように注意してください。(笑)

この方法は太ももの裏側の『ハムストリング』を伸ばす方法です。

膝をしっかりと曲げて胸と太ももを密着させてしゃがむ。

両手で後ろから足首をつかむ。

胸と太ももをくっつけたまま可能な限り膝を伸ばす。

以上なのですが、簡単すぎでしょ!

 

目標は膝が伸びきることですが、決して無理をする必要はありません。

1セット10秒で、これを3~5セットでOKです。

 

詳しい動画がありますので参考にしてみてください。

 


 

先ずは実践してみませんか。

 

まとめ

このストレッチではハムストリングがしっかりと伸びているというのが実感できると思います。

若干の張りを自覚できると思いますが、無理して筋肉がつるようでは過剰です。

ゆっくりとストレッチしていけば問題ありません。

ハムストリングの張りが心地よくなったらしめたものです。

 

体が硬いのは解っていたけどどうストレッチしたらいいか解らなかったという方に朗報になれば幸いです。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 

Sponsored Link


 

 

 - 健康, 運動器系

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

熱中症の予防と対策!熱中症対策グッズの極め

みなさん、こんばんはマッサンです。 熱中症の予防と対策シリーズ9回目をお送りしま …

夏に流行る病気?種類を知っ特!

みなさん、こんにちはマッサンです。 日本の夏、何かのコマーシャルにも流れていまし …

肩がガチガチ!肩こりを解消するストレッチがあるじゃん!

みなさん、こんにちはマッサンです。 日本人に多い肩こり。あなたも肩こりで悩んでい …

胃腸風邪が夏場に流行る原因?その対処方法は?

みなさん、こんばんはマッサンです。 夏に流行る病気シリーズの第11回をお送りしま …

夏に流行る病気!ヘルパンギーナの症状と対策とは

みなさん、こんにちはマッサンです。 『夏に流行る病気』シリーズ第3回【ヘルパンギ …

気をつけたい梅雨時期の体調管理

憂鬱な梅雨だからこそさけたい病気! 憂鬱なこの時期ならではの体調管理には注意した …

膝痛は自分で治せる!体験版

みなさん、こんにちは!マッサンです。 膝痛に悩む方は多いのではないでしょうか? …

五十肩の痛みの解消は可能か?決め手はあるのか?!

みなさん、こんにちはマッサンです。 歳をとってくると避けては通れなくなる肩の痛み …

夏バテ!究極の解消法!ヒントは夜?

みなさん、こんにちはマッサンです。 何となく体がだるい、朝中々起きれない、疲れが …

相談しづらいいんきんたむし②!その治療法と治療薬

みなさん、こんにちはマッサンです。 前回の『相談しづらいいんきんたむし』の後編を …