知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

これを読めばあなたも病気知らずの仲間入り!あなたに健康をお届けします。

*

熱性痙攣の対処法!新米ママも安心の予備知識とは?!

   


みなさん、こんにちはマッサンです。

高熱と共に併発される子供の熱性痙攣(けいれん)、初めて経験した人は驚きでパニックに陥りかねません。

痙攣
誰もが口をそろえたように言います。

死ぬんじゃないかと思いましたと。

今回は子供の熱性痙攣の対処で事前に知っておきたい予備知識について解説したいと思います。

Sponsored Link

熱性痙攣とは

赤ちゃんは生後6ヶ月位まではお母さんの免疫があるため、ほとんどの場合病気はしません。

しかし、6ヶ月を過ぎたころから色々な病を経験することになります。

なかでも、高発熱時に引き起こす痙攣に熱性痙攣があります。

生後6ヶ月から5歳くらいの乳幼児がかかりやすいと言われます。

その発生比率は乳幼児の2~7%程度という報告もあります。

特にインフルエンザや突発性発疹で急激に発熱した場合に引き起こしやすいというデータがあります。急激な発熱に対するストレスという捉え方一般的です。

 

 

熱性痙攣の起こる原因

熱性痙攣の原因としては、ストレスに慣れていない乳幼児がかかるとした見解が主流のようですが厳密な原因は解明されてなく不明と言った方が正解のようです。

なお、遺伝的要素が関係する(両親が乳幼児に起こした)ということも言われています。

 

 

熱性痙攣であわてないために

初めて経験した親御さんで驚かない方はいないと思いますが、パニックを避け冷静な対処が出来るための予備知識は知っていることにこしたことはありません。

熱傷痙攣が発症してもほとんどの場合には命が危険にさらされたり、後遺症が残ったりという事は無いようです。

ではその対処方法を予備知識として持っておきましょう。

①これが一番肝心であって難しい対応ですが、『あわてない』と言うことです。

②衣服のボタンをゆるめ呼吸をしやすくしてあげる。

③寝かせたまま背中に座布団などを押し当て体を横向きにし、嘔吐した場合の喉の詰まりを防いであげる。最低限顔を横向きにしてあげる。

④時計を確認し経過時間を把握できるようにする。

⑤状態をしっかり確認する。体温の状態、顔色、唇の色、目の向き、呼吸状態、痙攣の大きさ

 

5分以上続く場合

救急車の要請を躊躇無く行う

通常は5分以内でおさまる

救急隊の到着までにかかりつけの主治医と連絡が取れれば指示を仰ぐことも必要。

夜間や時間外等は、24時間体制の緊急医療センター(地域医療センター)の指示を仰ぐことも有効です。

緊急時医療センター等の電話番号は控えておきましょう。また、119番でも案内していただけます。

 

注意をしたいこと

※てんかんの発作の場合は割り箸をくわえさせろとか言いますが、熱性痙攣の場合は割り箸やタオルなどをくわえさせることは絶対やってはならない

ご自分の車で医療機関に乗りつけるのは危険です。子供に気をとられたりして事故の元となります。

 

Sponsored Link


 

症状のおさまった後は

痙攣は5分以内に治まります。その後は何も無かったように平常に戻ることがほとんどです。

熱性痙攣の再発はほとんどなく、2度経験する子供は3割程度、3度の経験は1割と言われます。

1歳未満での発症は再発の可能性が高くなると言われます。これも頭に入れておいたほうがいいでしょう。

ですから頻繁に痙攣を起こすようであれば、他の病気を疑ったほうがいいかも知れません。

かかりつけ医での受診をお勧めします。

 

まとめ

落ち着いて対処してくださいと口では言っても、初めての経験ではなかなか落ち着いて対処は難しいでしょう。

しかしながら、上記の予備知識があるのとないのでは雲泥の差があると思います。

予期せぬことに対処するため普段から知識の習得に心がけていただきたいと思います。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 

Sponsored Link


 

 

 - 子供の病気, 病気

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

子供の発熱を観察!解熱の判断に焦りは禁物!慎重に!

みなさん、こんにちはマッサンです。 突然の子供の発熱に新米ママさんはオロオロ! …

歯肉炎の治療方法!私が治した方法を伝授!

みなさん、こんにちはマッサンです。 歯肉炎は虫歯など歯が原因で起こることが大半で …

インフルエンザの予防接種の効果は?副作用の心配は?!

みなさん、こんにちはマッサンです。 みなさんはインフルエンザの予防接種を受けてい …

耳垢はだれが取る?耳掃除のヒントはコレだった!

みなさん、こんにちはマッサンです。 新婚当時はひざまくらで取ってもらうのが理想的 …

くも膜下出血で緊急手術!今は笑い話の生還秘話を公開!

みなさん、こんにちはマッサンです。 くも膜下出血という病気ですが、ひとごとの様に …

頭痛に微熱ついに咳まで!こんな症状の病気は風邪?

みなさん、こんにちはマッサンです。 最初は体がだるいなと思っていたら、ちょっと頭 …

インフルエンザB型で下痢に悩まされた時の対処方法!

みなさん、こんにちはマッサンです。 インフルエンザが流行しだすと瞬く間に感染を拡 …

鼻毛の処理の注意点!わかっちゃいるけどやめられない!

みなさん、こんにちはマッサンです。 身だしなみのひとつに加えられている鼻毛の処理 …

インフルエンザ治療薬の疑問?タミフルの効果と副作用!

みなさん、こんにちはマッサンです。 インフルエンザの流行する季節が近づいています …

耳鳴りを治したい!原因となる病気を突き止めろ!

みなさん、こんにちはマッサンです。 周りでは何も音はしてないと思うのに「キーーン …