知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

これを読めばあなたも病気知らずの仲間入り!あなたに健康をお届けします。

*

血圧の正常値とは?血圧の真実と間違いを解き明かす!

   


みなさん、こんにちはマッサンです。

血圧の基準値が頻繁に変更されるということを不審に思う方も多いのではないでしょうか。

私もそう思っていました。

持続的な高血圧の治療
ごく一般的な尺度で申し上げますから誤解のないようにしてほしいのですが、

歳をとると(いわゆる高齢になると)血圧は上がると思いますか?

高血圧の基準は上が130mmHgを超えたら高血圧と診断されるのですがこれって正しいと思われますか?

ずいぶん前になりますが、血圧値は年齢+90とか聞いたことはありませんか?

今回はこの血圧値の疑問をひも解いてみたいと思います。

Sponsored Link

血圧基準値の変更は多すぎないか

血圧値の基準の変遷は1997年までは明確な年齢の表示はないが、
高齢者でも上が160mmHg 下が95mmHg

1997年に糖尿病などの合併症患者を対象に20mmHgの引き下げ

2000年には年齢を対象として引き下げられる
若年・中年者
60代
70代
80代

2004年にはさらに区分を縮小
若年・中年者で  130/85mmHg
高齢者で           140/90mmHg

現在の血圧値の管理基準値(検診等の結果基準)は  130/85mmHgで管理されています。

なお、日本高血圧学会では高血圧基準は140/90mmHgとなっています。

基準自体は複雑になっております(故意に解りにくくした可能性も否定できない)。基本的には年齢を問わず、収縮期血圧を130mmHg未満、拡張期血圧を85mmHg未満に保つことを推奨している。収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上の場合は高血圧症と診断されるようになりました。

ただし、投薬の必要性については医師の判断が加味されますね。

 

7~8年の間にこれだけの基準値の引き下げが行われました。

医療の進歩により今まで見過ごされていたリスクを低減するためというような理由付けで、実際は医薬業界の製薬利権が根底にあったのではないでしょうか。そう疑わざるを得ないですね。

基準値を下げれば当然該当者は増加します。言われるがままに投薬を受けた被害者も多かったのではないでしょうか。

基準値の改定ごとに血圧降下薬の売り上げだけでも3倍程度の増加ということですから驚きですね。

高血圧が原因で人がバタバタと倒れたりなくなったということは改定時期に全く無かったということですが。全く。

 

医者に勧められればつい

高齢となれば血管も老化し硬くなると言われます。いわゆる動脈硬化の判断をする場合に血圧値が基準となるようです。みなさんどうでしょうか、医者に言われれば中々反論できず言われるがままに動脈硬化が起こっています。この血圧値では非常に危険です。血圧を下げる薬を処方しましょうと言われればつい従ってしまうのではないでしょうか。

Sponsored Link


『患者よ、がんと闘うな』や『がん放置療法』で注目された

近藤誠医師が痛快に述べていますね。

『無駄な高血圧治療を受けずに済むために知っておくべき五つの心得』

血圧の高い方が長生きできることを知る

人間の最も重要なのは脳で、多くの血液を必要とする。歳をとるほど血管が硬く細くなるから心臓は強い圧で送り出す。歳をとって血圧が高くなるのは体が自然に調整をしてくれているのである。当然のことなのである。血圧の高い高齢者の方が低血圧の人より元気で強いのです。これを降圧剤で下げるのはいけないことである。

副作用の怖さを知っておくこと

人間の持つ本来の力を薬で修正するとそのリスクの方が大きい。
降圧剤には発がん性リスクがあるものもあるし、血液の流れの阻害、血液の凝固を起こし脳梗塞の原因となる。脳への血流が少なくなるとボケの元となる。

 

血圧を下げても病気発症リスクは変化ない

海外の試験データでは140~159位の人たちの比較試験では薬を飲んでも飲まなくても有意差は認められない。死亡率も血管障害も全く関係なしであった。また基準まで下げても心筋梗塞などの発症率は変化はなかった。

実年齢+90は妥当

60歳以上の人は実年齢+90と考えて問題なし。正常血圧と考えていい。日本人は従来その考えで、半世紀のデータを見ても何の問題も生じていない。

検診に行かないこと

そもそも検診や人間ドックは百害あって一利なしです。自覚症状なしで病気を見つけてもらい治療するという行為は改めるべきである。病院は経営上患者を生まなければならないことを自覚すること。患者はつくられるということも。

 

まとめ

血圧の真実と間違い”理解いただけたでしょうか。

血圧には上の数値から下の数値を引いた脈圧や平均血圧との兼ね合いという見方もあるようです。しかし、一般的には上の値が素人でも判断しやすいと思います。

本来の数値を把握していないと、高いと言われただけで薬処方に傾きやすいです。

近藤医師も言われたように  実年齢+90  はひとつの目安で覚えておく必要はありそうです。

血圧値の多くの疑問が解消されたのではないでしょうか。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 

Sponsored Link


 

 

 - 病気, 血液・造血器

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

肩がガチガチ!肩こりを解消するストレッチがあるじゃん!

みなさん、こんにちはマッサンです。 日本人に多い肩こり。あなたも肩こりで悩んでい …

冷え性には生姜!究極は「最強ショウガ」にあり!

みなさん、こんにちはマッサンです。 日本人に多い冷え性、女性がメインだと思ってい …

気になる臭い口臭!自分で判る口臭チェック方法!

みなさん、こんにちはマッサンです。 口臭は誰にもあるようですが、口臭の予防と対策 …

酵素の効果を劇的アップ!消化と代謝のバランス調整!

みなさん、こんにちはマッサンです。 観賞用植物の元気がない! 水が無いのかな、肥 …

健康診断で糖尿病の疑いがあると言われたときの対処法!

みなさん、こんにちはマッサンです。 健康診断で糖尿病の疑いがあると言われたときは …

口臭で気づけ!逆流性食道炎が原因であなたを襲う!

みなさん、こんにちはマッサンです。 体臭や口臭は他の人にも不快感を与えるけど、何 …

スマホ老眼が気づかない内に進行!予防と改善方法はコレ!

みなさん、こんにちはマッサンです。 老眼の始まりは40代というのが今までの常識! …

インフルエンザ治療薬の疑問?タミフルの効果と副作用!

みなさん、こんにちはマッサンです。 インフルエンザの流行する季節が近づいています …

口臭なのに!糖尿病が原因だなんてありえない!

みなさん、こんにちはマッサンです。 口臭のケアしていますか。 ほとんどはお口のケ …

老眼の始まりはどんなとき!症状は止められないの?!

みなさん、こんにちはマッサンです。 老眼なんてまだまだ先のことと思ってましたが、 …