知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

これを読めばあなたも病気知らずの仲間入り!あなたに健康をお届けします。

*

免疫力のアップをねらえ!和食のもたらす効果を実感!

   


みなさん、こんにちはマッサンです。

免疫力のアップをねらえ!どうですか今の寒い時期にはとても大事なことと思います。

ごはん
タイトルの『和食のもたらす効果を実感!』

これもピンと来ない方が大半だろうと思います。私は最近和食中心の食事を摂っています。肉も食べなきゃ力も出ないよという声も聞こえそうですが!

今回は『和食のススメ』第2回をお送りします。

拙稿の和食は好きですか?は以下のリンクをご覧下さい。

和食は好きですか?日本人にオススメの食事は!

Sponsored Link

三大欲求のひとつ!食べること!

人間の三大欲求は・食欲・睡眠欲・性欲の三つですね。ちなみに四大欲求、五大欲求もあるようで金銭欲と名誉欲が付加されるとのことです。

話が戻りますが、三大欲求の順位から言っても1.食欲2.睡眠欲3.性欲となるようで(個人個人で変わるかも)

1.食欲は満たされなければ死へとつながるため最重要視されています。

2.睡眠欲は満たされなければうつ状態となり健康を害します。

3.性欲はどうでしょう満たされなくても直接死にはつながらないでしょう。

これからみれば食欲という行為がいかに大事なことかわかりますね。健康で生存していく上において食材の選択とともに欲求に答えるものでなければならないと思います。

食べるものなら何でも良いという考え方は改める必要がありそうですね。

 

 

体の中から温めてくれる食材

体温を保つということは免疫力を上げるのに好都合となります。

冬場の寒いときに「体がゾクゾクッとした場合」は注意ですね風邪の引き始めなどにこんな症状がでます。こんなときは一枚羽織ったり、温かいものを飲んだり食べたりすると効果的なことは皆さんご存知のことと思います。

具体的にどんな食材があるか列挙してみたいと思います。

食材で言えば体を温めるものと逆に体を冷やすのに効果のある食材があります。

・色の濃い食材が熱を蓄えた食材といわれます。これは太陽熱は黒いものにより蓄積されることから言えると思います。
黒豆、小豆、かぼちゃ、にんじん、ピーマンなど

・寒い季節がつくる旬の野菜や寒い地方で育った食材が体を温めると言われます。寒い地方の人はこれに耐えるため自然と体の温まる食材の生産と摂取を積極的に努めました。
旬のグリーンアスパラ、やまいも、塩鮭、くだものではプルーン、ぶどう、サクランボなど

・地中で生育する根菜類は体を温めてくれる。根菜類は自らの熱を蓄えているため太陽熱から逃れるため地中に退避するといわれます。
里芋、さつまいも、レンコン、たまねぎなど

・香辛料や調味料では体を温めるものはご存知のことと思います。
生姜、コショウ、山椒、唐辛子など
発酵食品ではしょうゆ、味噌が効果的というのは意外でした。

・飲み物では一般の飲み物とアルコール類に分類できます。日常の飲み物で温めてくれるものは水分補給を含めて積極的に摂りたい。
紅茶、ウーロン茶が効果的でさらに蜂蜜も効果があるため蜂蜜をたらして飲むのも良いようですね。
私が好んで飲む緑茶、コーヒーは逆に体を冷やしてしまうことにはちょっとショックでした。

 

これらとは逆に体を冷やすと言われる食材は、
豆腐、かいわれ、キュウリ、白菜、レタス、くだものでは柿、すいか、メロン、みかんなどがありますが、決してこれらを食べるなということではなく状況に応じて温調理で食べるなどで解消されるものと考えます。これらの持つ栄養素もバランスよく摂りたいものです。

 

特に冷え性の人はこれらのバランスをうまく活用すれば改善されると思われます。

Sponsored Link


 

消化するためのエネルギーは少なく

なぜ和食が免疫力のアップにつながると思いますか?ピンとこないでしょう。以下に説明を加えておきます。

食物は胃や腸で長時間消化吸収運動をします。我々の体はこの消化吸収のために多くのエネルギーを使っています。

和食と洋食を比べた場合、最も大きな違いは脂肪分の差なのです。

頭で考えただけでも洋食の場合は、動物性脂肪、ソース類の油脂、ドレッシングの油脂等思いつきますよね。一方和食の場合は、野菜の煮物、焼き魚、野菜の酢の物、煮浸し等遥かに脂肪分の少ない献立となりますね。

いわゆる脂肪分が消化吸収に多大な負荷を与えて、消化吸収に多くのエネルギーを必要としているのです。

胃や腸で食物を消化吸収するためのエネルギーは少ない方が体の中にはエネルギーは残ることとなり、結果的に無駄なエネルギーを使わないですみます。

余剰のエネルギーは免疫力のアップに使われることとなるのです。

消化のためのエネルギーの無駄づかい、ぜひこのこの際見直してみましょう。

 

和食は発酵食品が多い

発酵食品の豊富さも和食の特色ではないかと思われます。

元々長期保存を目的に作られたものではありますが、味噌や醤油はもとより、納豆、ぬか漬け等様々な発酵食品があります。

乳酸菌、酵母菌、納豆菌、麹菌といった代表的な菌を元に色々とつくられてきました。

乳酸菌は玄米の表面に生息し玄米を守っていますし、糠や野菜に生息すれば糠漬けやキムチとなるわけです。酵母菌は多種類ありほとんどの野菜やくだものにあり発酵食品のかなめ、納豆菌は納豆、麹菌はお酒や味噌など。

発酵食品の作用は腸内環境の改善に特に効果を発揮します。善玉菌の増殖にもひとやくかってくれます。ぜひおすすめしたい食材のひとつとなります。

 

 

まとめ

以上のように和食には寒い時期の免疫力のアップには欠かせない効果があることがおわかりいただけたかと思います。

一般的には、体力増強で免疫力もアップさせるには栄養のあるステーキだ!と思いがちですがステーキとは違った魅力と効果を和食が発揮してくれそうですね!

 

『体の中から温めてくれる食材』については、再度目を通していただければと思います。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 

Sponsored Link


 

 - 病気予防

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

腹八分目を実行すると健康になれるか?その効果は?!

みなさん、こんにちはマッサンです。 普段はダイエットとか健康のためと言って少食を …

自律神経の乱れ?交換神経と副交感神経の作用

みなさん、こんにちはマッサンです。 最近どうも疲れやすいな、昼ごはんの後に眠たく …

ピックアップ梅雨時期の食中毒の注意点

  何気ない普段の行動が思わぬ落とし穴に! 何気ないその行動がとんでも …

ダニに噛まれて痒い!布団のダニ退治はできてますか?

みなさん、こんにちはマッサンです。 ダニに噛まれて痒くて痒くて掻き毟りた~~~~ …

食品添加物の摂取量10キロ!減らすための知恵!

みなさん、こんにちはマッサンです。 日本人の食品添加物の平均摂取量は10グラム/ …

血糖値を抑える健康野菜!菊芋のすぐれた効果を試そう!

みなさん、こんにちはマッサンです。 血糖値管理をしている人は多いのではないでしょ …

腹式呼吸の効果をつかめ!自律神経失調症も何のその!

みなさん、こんにちはマッサンです。 みなさん、呼吸についてはあまり意識したことは …

体が冷えた場合の対処法!おススメぬか袋の効用!

みなさん、こんにちはマッサンです。 ぬか袋をご存知でしょうか? 私たち子供のころ …

冷え性で体が冷えたあなたへ改善法の贈り物!

みなさん、こんばんはマッサンです。 冷え性に悩む季節の到来ですが冷え性対策をして …

太ももマッサージの効能?!血流改善に大きく寄与!

みなさん、こんにちはマッサンです。 ダイエットや痩せる目的で色々なマッサージを経 …