知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

これを読めばあなたも病気知らずの仲間入り!あなたに健康をお届けします。

*

和食は好きですか?日本人にオススメの食事は!

   

Pocket

みなさん、こんにちはマッサンです。

前回もお伝えしましたが、右手首と右ひじを負傷し不便を感じていましたが、色々と気づきもさせていただきました。

箸の使い方には閉口してしまいました。

和食
最近は箸を使う食事も減りつつあるように感じます。特に子供に見受けられますが箸使いがちょっとおかしいなと思うときもあります。どちらかと言うとスプーンを最初に持って自分の食事を始めるからでしょうかね。

今回は和食について取り上げてみました。今一度みなおしてみませんか。

Sponsored Link

お米の消費量

戦後経済の急速な回復期であった昭和30年代のお米の消費量は年間120kg程度あったのですが、飽食の時代の現代では約半分の60kg程度まで減少しているようです。

もっとお米を食べましょうと言うキャンペーンも繰り出されたこともありましたが中々消費は伸びず頭打ちといったところのようです。

私は歳の性か、ハンバーグや焼肉を徐々に敬遠するようになりました。成長期のようなお米の消費はありませんが一時期朝食でパン食もありましたが今ではご飯に戻っているようです。

よく考えてみると、健康志向に気を配っての食生活に気を止めているのではないかと思います。古い人間なのでしょうかね~。

 

食事が洋風に傾いたのは

お米の消費量が減っていったのと比例して食料自給率も80%台からやく半分に減ってきています。これはお米の自給率ということではなくて全体の食料自給率です。

日本人が欧米の食文化にあこがれていったことと、海外から多くの食料品がはいってきた結果からだと思われます。

ちょっと年配の方は考えてみてください。
子供のころハンバーガーのようなファーストフードはありませんでしたよね。コンビにもなく手軽に購入できる弁当などありませんでした。

121030_120609_ed
 

今が便利すぎではないですか?

和食の代名詞のように言われる『一汁一菜』の食事は手軽に購入できないですよね。それに比べればハンバーグやスパゲティなど弁当形式で購入するのも今ではたやすくなっています。

 

食事が洋風化に傾くのもわからないではないですね。

また、古い日本文化から抜け出したような気分にひたったのではないでしょうか。

 

昔は大食漢が多かったが

昔を振り返ってみますと、決して今のような快適な住空間もなくそれこそ典型的な『一汁一菜』のご飯中心の和食でした。

しかも、誰でも大食漢でありながらそんな体を心配するようなことも無かったですね。

今のように肥満体系の人は少なかったんではないでしょうか。

これも、『和食』のおかげと言っていいのではないかと考えるようになりました。

Sponsored Link

日本人はやはり和食が合うのか

日本人は腸の長さが欧米人に比べて長いから肉食の食事は合わず、穀物が合っているということを耳にしたことはあるでしょう。

これも、一説では正しいようですが、人間の体は個人差によるもので腸の長さは決まってくるといわれます。年齢や体格や身長によって変わってくるというのが定説となってきていますね。

 

和食が日本人に合っているということではなくて、

動物性脂肪分や食品添加物の過剰摂取が問題であろうと考えます。

 

その点、和食の発酵文化が食事に取り入れられればお腹の掃除もしてくれるということではないかと考えます。

 

まとめ

結論としては、

どんなことでも言える事でしょうが、いくら好きだからといって大量に好きなものばかりをを食べるのは好ましくないでしょう。

一例を挙げますと、肉に含まれた動物性脂肪は腸内悪玉菌の格好のえさとなるようです。しかし、たっぷりの食物繊維とともに食べれば悪玉菌の毒素の排出が極端に抑えられるということのようです。

和食、中華、洋食と多種にわたる食事の選択は各々です。

今一度見直してみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

Sponsored Link


 

 - 病気予防

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

腹八分目を実行すると健康になれるか?その効果は?!

みなさん、こんにちはマッサンです。 普段はダイエットとか健康のためと言って少食を …

動脈硬化の対処法!薬に頼らず楽々予防

こんにちは、マッサンです。 動脈硬化は、生活習慣病(従来の呼び方:成人病)が引き …

発熱とウイルスの関係!熱は悪者?解熱の必要性は!

みなさん、こんにちはマッサンです。 熱が出ると熱を悪者にしていませんか? 確かに …

自律神経の乱れ?交換神経と副交感神経の作用

みなさん、こんにちはマッサンです。 最近どうも疲れやすいな、昼ごはんの後に眠たく …

血糖値を抑える健康野菜!菊芋のすぐれた効果を試そう!

みなさん、こんにちはマッサンです。 血糖値管理をしている人は多いのではないでしょ …

ピックアップ梅雨時期の食中毒の注意点

  何気ない普段の行動が思わぬ落とし穴に! 何気ないその行動がとんでも …

過食を防ぐ食事法!少食のすすめ!

みなさん、こんにちはマッサンです。 ここ最近、「アトピー性皮膚炎で検証して欲しい …

ダニに噛まれて痒い!布団のダニ退治はできてますか?

みなさん、こんにちはマッサンです。 ダニに噛まれて痒くて痒くて掻き毟りた~~~~ …

免疫力アップは血流改善!心臓だけじゃない6つのポンプ!

みなさん、こんにちはマッサンです。 あなたが健康を願うのであれば病気に対する抵抗 …

手足口病と感染性胃腸炎が感染症の流行上位を独占!

みなさん、こんにちはマッサンです。 毎年のことですが、今年は去年に比べて○○○で …