知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

これを読めばあなたも病気知らずの仲間入り!あなたに健康をお届けします。

*

認知症の予防はコレ!噛んでおさらば老化現象!

   


みなさん、こんにちはマッサンです。

人前でガムを噛んでいるとあまりいい印象は受けないですが!

認知症

噛むということは脳に対して適度の刺激を与えることとなり、ぜひやるべきことなのです。

噛んで認知症を予防できるとすれば、素晴らしいことではないですか。食べることの欲求を満たしてなおかつ認知症が予防できればこれに越したことはないですね。ただ、ひたすらに食事に頼って糖尿病や高血圧を招いてもいけません。

今回は適度の『噛む力』を実践する方法を探ってみました。

Sponsored Link


 

認知症が心配ですか

まだまだ大丈夫とは思っていても、最近物忘れが多くなったなとちょっと心配したりもありますよね。

認知症の症状は、記憶障害を伴って本来持っていた正常な知能が低下して正しい判断に欠ける状態を言うようです。他人と協調を持って行う社会生活が困難になったり、ひとりで生活することに支障がでてくる症状を言います。

一般的によく表現されるアルツハイマー型の認知症があります。

歳をとったからしょうがないでは割り切れないものがありますし、誰でも認知症という判定を下されたくありません。

というか、認知症を発症しても

当の本人は正常としか考えていないのです。認知症じゃないだろうかと詮索する時点ではまだ正常と考えていいと思います。

あなたの両親やあなたの周りの人で、医者に認知症と言われた人はいませんか?もしいるのであれば、じっくりと観察してみてください。本人はいたって正常と考えていると思います。

そうは言っても、社会生活する上において以前は全く問題なかったものに支障が出てくることは困ったものです。

認知機能とは具体的には記憶力や思考力、計算能力、ことばづかい、良否の判断力などの知的能力であり、これらが自己判断できなくなるということは社会共同生活はおろか自分ひとりの生活もままならないものとなると思われます。

やはり、心配ですね。怖さも感じます。

認知機能は知能とほぼ同じとこの機能が失われることは重大な損失です。

これらの症状を防止または緩和できる方法について詳しくみてみたいと思います。

 

噛む力が脳を活性化する

噛むと言う行為は、食べ物を噛み砕き食べるためのものだけではないのですね。食べる行動以外でも噛む事で脳は刺激を受けるということが証明されています。

歯と歯がかみ合わされた刺激が脳に伝わり、この刺激によって脳の運動にもなるようです。また、記憶力や思考力を司っている部分が刺激され活性化にも一役かっているようです。

欲を言えば、食事の場合はゆっくりと強く噛む事により唾液の分泌も促し、満腹中枢の刺激により闇雲に食べることから開放され、肥満や生活習慣病の予防にも一役かってくれることとなります。

噛むと言う行為は、歯がしっかりとしていなければできませんね。高齢者の認知症の調査結果では歯の残存数の少ないほど認知症にかかる確率は高くなるとの調査結果を示しています。噛むためには歯が基本ということも実感していただきたいと思います。

Sponsored Link


 

ガムの利用が効果的

以上のことから、食事はゆっくりと力強く噛んで食べるということが重要なことと理解できたと思います。

これこそが認知症予防のきっかけになっていただくととてもお手軽ではないでしょうか。そのためには歯のケアも大事ということは言うまでもありません。

歯がしっかりしていても噛む習慣をつけなければ意味がないですね。噛む事による脳への刺激が大事ということですからここはガムの力を借りましょう。

いきなり高齢者にガムを噛みなさいと言ってもむりでしょう。高齢者は諦めなさいということではありませんが、私が言いたいのは若いときから噛むという習慣づけをして認知症予防をしましょうと言うことです。

高齢者といえどガムをすすめることは悪いことではないと思います。なにかしら知恵をだしてすすめてみることがいいでしょう。

 

 

ストレスの排除が結果的に認知症を抑制

人間の三大欲求のひとつである食欲ですが、食べることで五感情報を増やして脳を刺激し活性化させることは認知症予防に必須のものであると述べました。

もうひとつは、食べることによる欲求を満たしてストレスを減らすと言うことです。

ストレスが溜まったときには腹いっぱい食べてストレスをかいしょうするということを実践しているひともいるようです。

認知症の原因のひとつにストレス性の認知症もあります。

食べることでストレスを減らし、ストレス性の認知症の抑制にも効果があるのです。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか、認知症の予防に重点をおいて解説してきましたがこれだとちょっとしたきっかけ、ちょっとした心がけで実践できるのではないでしょうか。

身近な認知症の行動を見ていると、本人は正常と考えていることがよくわかります。こっそりと忍び寄る認知症の症状を起こさないためにもぜひ実践していきましょう。

心配するよりも出来ることの実践が大事だと思います。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 

Sponsored Link


 

 - 病気, 脳・神経・筋

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

風邪の症状?咳が長引く原因と対処法!

みなさん、こんにちはマッサンです。 咳が長引くと本当に困りますよね!なんとか早く …

これって味覚障害?食べてないのに口が苦い!何が原因?

健康を意識して塩分控えめの薄味料理にしたせいもあるのか、以前のように美味しさを感 …

指がつる原因は?こうして治した!私の対処方法を紹介!

みなさん、こんにちはマッサンです。 寝ているときに足がつったということはよく聞く …

喉の痛みや腫れが激しい!扁桃腺炎が原因かも?!

みなさん、こんにちはマッサンです。 こんな話は聞いたことがないでしょうか? 激し …

胃もたれの解消方法はコレだ!食事に潜む危険の回避!

みなさん、こんにちはマッサンです。 あの餃子は美味しかったもんね!ちょっと食べ過 …

足の痛みは整形外科?意外と心臓専門医の分野もあり!

みなさん、こんにちはマッサンです。 足の痛みがあるときに、真っ先に行く病院は外科 …

めまいの気になる原因と症状には特定周波数の音が有効!

みなさん、こんにちはマッサンです。 私たちは通常生活においては無意識のうちにきち …

くも膜下出血で緊急手術!今は笑い話の生還秘話を公開!

みなさん、こんにちはマッサンです。 くも膜下出血という病気ですが、ひとごとの様に …

薬に頼らず頭痛を治す!妊婦さんにも安心好評!

みなさん、こんにちはマッサンです。 頭が痛くてどうしようもない! でもいつも鎮痛 …

肩がガチガチ!肩こりを解消するストレッチがあるじゃん!

みなさん、こんにちはマッサンです。 日本人に多い肩こり。あなたも肩こりで悩んでい …