知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

これを読めばあなたも病気知らずの仲間入り!あなたに健康をお届けします。

*

疲れの原因を掴め!あとは超簡単疲労回復法を使うだけ!

   


みなさん、こんにちはマッサンです。

疲れは明日に残したくないですよね。

疲れ

朝の目覚めですっきりした体でスタートできればいいですが、中々そうはいかないのが現実だと思います。各々の仕事の種類や運動の仕方によって様々な疲れが発生します。
疲れない方法は皆無と考えて疲れた場合の回復方法を知っているほうが早道と考えます。

皆さんが一番感じるのは、肉体的疲労だと思います。たち仕事の多い方いつも使わない筋肉を使ったため疲れがきている人これらが肉体的疲労によるものです。

ほかに精神的疲労と神経的疲労がありますが、一般的にはこれらが複合して疲労が溜まるといわれます。

今回は、疲れの原因を簡単に解消できる方法についてシェアしてみたいと思います。

これで、すっきり元気なスタートが切れることを願うばかりです。

 

Sponsored Link

疲れの原因をつかみましょう

一晩ぐっすり寝れば疲れも吹っ飛んでしまいますよと言われたのは若いときです。

仕事帰りにマッサージにでも寄って帰ろうかなとか、せっかく一杯に誘ってもらったのに疲れているので明日のことを考えると断わるしかないかと考えたことはありませんか。

 

我々の体は体を動かす元となる筋肉に糖質を分解してエネルギーを得ていますが、一般的な日常生活や職場での体の使用状態では酸素で脂肪を燃やして筋肉のエネルギー源となっています。

もう少し激しく体力を使った場合は筋肉内のグリコーゲンを酸素で燃焼させエネルギー源としています。

一般的に悪者となっている乳酸はさらに激しい運動をした場合にグリコーゲンを酸素で分解してエネルギー源としています。

このときエネルギー代謝の副産物として乳酸を多量に発生させてしまいます。
従来の考え方ですとこの乳酸は筋肉に蓄積されて筋肉運動の邪魔をして疲労物質の第一人者として認識されてきました。

しかし、現在の考え方では乳酸=疲労物質と考えるのはあたかも正しくないという報告もあります。一時的に溜まる乳酸も時間経過とともに疲労を軽減する働きもあるといわれてきました。

以上から、一般的な生活状態においては乳酸が原因で疲れがたまるという考え方は正しくないようです。
乳酸の影響を受けるのはアスリートが短距離を全速力で走った場合等に影響してくるということとなります。

では、他の要因はどんなことが考えられるかというと、

現代社会で最も影響する組織の人間関係や仕事あるいは私生活での悩み事などのストレスが原因となる精神的疲労が影響していると思います。

また、緻密な仕事などで視神経や思考力を元とした脳神経が極度に緊張した場合などが原因となる神経的疲労も影響してくると思います。

どうでしょうか思い当たることはないでしょうか?

 

筋肉の緊張状態が疲れや痛みの元

筋肉が緊張状態にあるときに疲れや痛みが伴います。

この緊張状態とは筋肉を動かしたときに生じるものと、逆に動かさないときに起きるものがあります。運動などで筋肉を動かした場合や過度に動かした場合に緊張するというのはわかります。

では、動かさないときにも起こるのでしょうか。

実は、筋肉は動かさなくても起こります。動かさないために起こるといったほうがいいかも知れません。
これは極端な例ですが、筋肉は動かさなければ硬くなり血管を筋肉が圧迫します。この状態が続けばさらに血流は悪くなり筋肉は緊張したままとなってしまいます。緊張しているということは痛みも発しているということになります。
適度に運動をしなさいというのは筋肉の緊張を解いているのです。

Sponsored Link

緊張を解けば疲れは残らない

アスリートは疲れや疲労、痛みが残らないかというと決してそうではありません。アスリート達は自分の経験からそれらが残らないような策をあみ出しているようです。

毎日練習はかかせないでしょうし、疲れや痛みのために休んでいてはどうにもなりません。
そこで、次のような対応をして疲れや痛みと上手に付き合っています。

事前のウォーミングアップを十分にこなした上で本来の基本練習に移行しています。また、基本練習終了後は柔軟体操とストレッチで使った筋肉を整えています。これでも朝起きたときには痛みは残っているといわれます。それでも、練習前にはウォーミングアップをして基本練習とこの繰り返しのようです。

さらには、テーピングやサポーターによる保護も考慮しているということです。

 

では、この考え方を我々も応用できるのではないでしょうか。

①普段以上の筋肉を使う必要があれば、ウォーミングアップを施す。

②いつも以上に筋肉を使ったと思えば、ストレッチで整える。

③筋肉を動かしていない場合は運動を行う。

体を動かす面では以上のことを心がければいいと思います。

 

前段でも述べましたが、筋肉の緊張を解くためには

①温める

②血流をよくする

③ストレスを解消する

家庭でできる内容を考えてみることもいいのではないでしょうか。

 

まとめ

疲れを残さないためにはなにも特殊なことをしているわけではないですね。

ちょっとした習慣づけで対応可能かと思われます。

 

具体的なそのほかの対応として

・良質な睡眠

・風呂でリラックス

・楽しい食事

・趣味に没頭

・酒を味方にする

・静的ヨガの実施

いかがでしょうか、ご自分の生活スタイルにあわせて取り入れてみるのもいいのではないでしょうか。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 

Sponsored Link


 

 - 病気, 運動器系

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

下痢をしたら肛門が痛くなるのはなぜ?治す方法は?!

みなさん、こんにちはマッサンです。 体調管理はバッチリでしょうか。 一度の下痢く …

口臭なのに!糖尿病が原因だなんてありえない!

みなさん、こんにちはマッサンです。 口臭のケアしていますか。 ほとんどはお口のケ …

耳鳴りを治したい!原因となる病気を突き止めろ!

みなさん、こんにちはマッサンです。 周りでは何も音はしてないと思うのに「キーーン …

痛みを早く回復したい!筋肉痛の予防と対策

みなさん、こんばんはマッサンです。 筋肉痛の辛さは誰でも経験していることと思いま …

頭痛が夕方になると起こる!驚異の解消法を紹介!

みなさん、こんにちはマッサンです。 私の周囲の人からもよく聞きますが、夕方になる …

耳垢はだれが取る?耳掃除のヒントはコレだった!

みなさん、こんにちはマッサンです。 新婚当時はひざまくらで取ってもらうのが理想的 …

鼻づまり解消方法の裏をかいて!つまりが治ったを実感!

みなさん、こんにちはマッサンです。 鼻づまりは何とも言えず、物事に集中できないも …

インフルエンザの熱が下がらない時の緊急対処法まとめ!

みなさん、こんにちはマッサンです。 インフルエンザは初期症状は風邪に似ていますが …

熱の出ないインフルエンザ?周囲に危険を与えるかも!

みなさん、こんにちはマッサンです。 インフルエンザにかかっても熱が出ないこともあ …

口呼吸していませんか?鼻呼吸への治し方教えます!

みなさん、こんにちはマッサンです。 いつの間にか口呼吸をしていたなんてことはよく …