知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

これを読めばあなたも病気知らずの仲間入り!あなたに健康をお届けします。

*

冷え性で体が冷えたあなたへ改善法の贈り物!

   


みなさん、こんばんはマッサンです。

冷え性に悩む季節の到来ですが冷え性対策をしてますか?

冷え性

みなさん、冷え性の対策といわれれば温かいお風呂と思いがちですが、いったいどうなのでしょう。手足の冷えで感覚のなくなった指先など本当に辛いものですね。
温かいお風呂や温泉を想像してしまいます。決して間違いではないと思います。

がん細胞は体温の上昇に伴って消滅したり、増殖を妨げられるとも言われています。

これは、何が何でも冷え性を改善して体温を上げることに専念したほうがいいですね。

今回は『冷え性の改善法』にスポットをあててみます。冷え性を改善してついでにがん細胞も退治しようではありませんか。

 

Sponsored Link


 

冷え性は何のメリットもない?

冷え性とは体自体は温まって寒さを感じる訳ではないのに、手先や足、おしり、腰などの一部の部位だけに冷たさを感じることを言い、この冷えの状態だけでは病気と判断しにくい状態のことを言います。

ですから、病気という名前のつくものではないのです。

たとえば、部屋は暖かいのに手先や足などがいくらたっても温まらないということで不快感を感じてしまうこととなります。

こういう冷えの症状を見ますと何のメリットもないと考えてしまいます。

 

本当にそうだと思いますか?

 

自分は冷え性だと思っている人に冷え性以外の体の不調についてアンケートをとった結果では、肩こり、腰痛、頭痛、疲れを大多数の方が感じているという結果が出ています。

 

要約しますと、冷え性の症状は体の『隠れた不調』や『隠れた病気のサイン』という捕らえ方ができます。

 

ですから、冷え性は何のメリットもないではなく

 

体がこりや、痛みで病気のサインを出しているというふうに考えるべきだと思います。

この段階で病気の発見ができればこれにこしたことはないのではないでしょうか。デメリットばかりと考えるより精神的にも救われるものと考えます。

いかがですか。

 

冷え性と冷え症の違い?

 

一般的には『冷え性』という使い方をしているようです。

『性』『症』で見ますと違うようですね。実際どう違うと思いますか。

 

『冷え性』

冷え性は普段の食生活の乱れや睡眠不足、運動不足などによる血行不良が原因となり、手先や足、腰などの特定の部位の冷えを感じる症状で病気とは別と捉えられています。

 

『冷え症』

冷え症は血管の障害を原因とした、手先や足、腰などの特定の部位の極度の冷えを生じるもので病気という捉え方です。

 

Sponsored Link


 

冷え性の改善法

私が実施している改善法をご紹介したいと思います。

お風呂で半身浴を実施したり、温かい飲み物や生姜湯を用いることも一時的には効果がありますが、根本的に温めるということを実施しています。

私の場合は、冷え性というよりも体を冷やさないための方法で、体を温める方法と言った方が正解かと思われますのでご了解をお願いします。

 

①先ず、首の周りをネックウォーマーまたはタオルを巻いて温めることをお奨めします。

これは、暑い時期の熱中症の予防もしくは対策で首筋や腋の下を水や氷で冷やすことが効果的で血液をうまく冷却しているいるわけですね。
寒い時期は衣服で体のほとんどの部分は保護(保温)しているのですが、首筋と顔は外気にさらされていると思います。
ですから、首筋を流れる頚動脈がどんどん冷やされ体温の低下を招くことを防止している訳です。これだけで相当の効果を期待できます。

当然マフラーでもよいですが、手っ取り早いものを選択しています。

 

②筋肉をつけるためと汗をかいて体温を上昇させる

一日一度は汗をかく程度の運動または体を十分動かすこと。
心臓が送り出す血流だけでは抹消血管の血流までは中々送り出せません。心臓の収縮に加えて筋肉の収縮が加わると血流は飛躍的にアップします。
そのため、日頃から運動や早歩きにより体力をアップさせるとともに筋肉の増強を図ることが重要です。
鍛えられた筋肉の膨張や収縮を利用して、血流のアップを促進させるということです。

当然、ダイエットばかり気にして少食に励むのではなく、十分な栄養補給も大事なことです。
十分な食事量と十分な運動量で相殺されると思います。

 

③最後に、体が冷えたかなと感じたときは奥の手を使いましょう。

奥の手は大椎(だいつい)という背中の首の下にあるツボです。
背骨の首下三つ目の突起部です。(下記イラストでご確認ください)

大椎

この大椎を手のひらで温めるもよし、ホッカイロなどで温めるもよしです。

これをうまく利用すれば、初期症状の鼻水や風邪の症状には特に効果を発揮してくれるでしょう。

体を冷やすことが免疫力の低下を招きます。絶対に避けたいものです。

 

まとめ

冷え性の改善法として述べてきましたが、

基本は体を冷やさないことと言う事につきます。

冷え性だけに留まらず、健康維持のためぜひ実行していただきたいものと思います。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 

Sponsored Link


 

 - 病気予防

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

基準値では高血圧!薬の処方は必要か?

みなさん、こんにちはマッサンです。 私の周りにも、高血圧で降圧剤の薬を飲んでいる …

発熱とウイルスの関係!熱は悪者?解熱の必要性は!

みなさん、こんにちはマッサンです。 熱が出ると熱を悪者にしていませんか? 確かに …

一日の歩数はどれ位?歩数があなたの体調を管理する!

みなさん、こんにちはマッサンです。 毎日散歩やウオーキングしてますか? 仕事柄歩 …

お風呂とお酒の危険な関係!スマートな入浴法の紹介!

みなさん、こんにちはマッサンです。 日本人はお風呂好きと言われますね。全国各地に …

血糖値を抑える健康野菜!菊芋のすぐれた効果を試そう!

みなさん、こんにちはマッサンです。 血糖値管理をしている人は多いのではないでしょ …

腹八分目を実行すると健康になれるか?その効果は?!

みなさん、こんにちはマッサンです。 普段はダイエットとか健康のためと言って少食を …

過食を防ぐ食事法!少食のすすめ!

みなさん、こんにちはマッサンです。 ここ最近、「アトピー性皮膚炎で検証して欲しい …

二日酔い予防!しまったと言わせない飲み方

みなさん、こんにちはマッサンです。 ”酒は百薬の長”ともいわれますが、ほろ酔い気 …

食品添加物の摂取量10キロ!減らすための知恵!

みなさん、こんにちはマッサンです。 日本人の食品添加物の平均摂取量は10グラム/ …

手足口病と感染性胃腸炎が感染症の流行上位を独占!

みなさん、こんにちはマッサンです。 毎年のことですが、今年は去年に比べて○○○で …