知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

これを読めばあなたも病気知らずの仲間入り!あなたに健康をお届けします。

*

一日の歩数はどれ位?歩数があなたの体調を管理する!

      2015/10/08


みなさん、こんにちはマッサンです。

毎日散歩やウオーキングしてますか?

歩く

仕事柄歩く習慣の付いている人は一日の歩数を気にすることも無いでしょうが、デスクワークの多い方や、車での移動がほとんどの方は運動不足も気になります。

歩くことはいいと判っていても中々実行できていない方が大半ではないでしょうか。

今回は推奨される『一日の歩数』について調べてみました。ぜひ健康にお役立ていただきたいと思います。

 

Sponsored Link


 

歩くことは人間の基本?

歩くことは有酸素運動でダイエットにも有効と言うことはみなさんご存知のことと思います。

軽く汗をかく程度のウォーキングなどが最適と言われています。最低20分以上続けると体脂肪の燃焼による体脂肪の減少でダイエットに効果ありということです。要するに摂取したしたカロリーをしっかりと使ってくださいと言うことですね。

動物で言えば、なじみのある馬などは生まれて数分間の内に自力で立ち上がり歩けるようになります。これらの四本足動物に多いのですが、敵からの危険回避のためにすぐに立ち上がって逃げる体制を整えるということのようです。

人間は歩くようになるまで生後数ヶ月を要しますが、はじめは四足歩行から入ります、その後二足歩行を覚えると瞬く間に歩きの達人となって行きます。
親も早く歩けるようにと色々な手を差し伸べていますね。

言葉は親や周りの人から教わることにより覚えていきます。ですから日本人は日本語を、米国人は英語を喋るようになります。
しかし、歩くことは誰に教わることなく本能として持っているものです。
ほったらかしでも、一定の時期がくれば自分で立ち上がり歩くようになります。

このことから人間にとっては、歩くことは最も基本的なこととなっています。

 

基本はおろそかにしてはならない

人間は、自分にできることならついおろそかにするし、中々自分から向上心は持たないものです。これが何かに特化したものであれはそれらをどんどん続けるし向上させていくものです。

歩くことに関しては、これ以上向上させようとは思わず、つい歩くのに支障がないから程度に考えてしまいますから、歩くことをやめてしまったりつい楽なものを使ってしまうのです。

基本となる運動をするかしないかでは、後々の健康や体力の維持に大きくかかわってくるものなのです。

歩くと言うことは、足の筋肉を鍛えると言うことだけではなく、体の筋肉の7~8割を使う全身運動になっていることを覚えておくといいと思います。
だから、基本は歩くことからと言われるのかも知れません。
有酸素運動により新鮮な酸素を取り入れることにより、体全体の活力の元となるし、血液の循環をよくし病気から身を守ってくれることとなります。

 

Sponsored Link


一日にどれ位歩けばいいの

厚労省の健康日本21の調査データによりますと、一日の平均歩数は(平成9年度国民栄養調査)
成人男性で8,200歩
成人女性で7,300歩
というデータが出ているようです。データはちょっと古いようですがそんなに変化はないと思われます。
結構みなさん歩いているのだなと感心させられたのですが!厚労省も健康づくりの一環として、一日の歩行数を『一万歩』として目標にしているようです。

『一万歩』の根拠ですが、(厚労省の健康日本21より抜粋)

海外の文献から週当たり2000kcal(1日当たり約300kcal)以上のエネルギー消費に相当する身体活動が推奨されている6)。歩行時のエネルギー消費量を求めるためのアメリカスポーツ医学協会が提示する式を用いて、体重60kgの者が、時速4km(分速70m)、歩幅70cm、で10分歩く(700m、1000歩)場合を計算すると、消費エネルギーは30kcalとなる。つまり1日当たり300kcalのエネルギー消費は、1万歩に相当する。
(以上 厚労省の健康日本21より抜粋)


ただし、注意したいのは『一日一万歩』歩いても歩き方次第で満足してはならないと言うことです。
通常の通勤や通学、家事などの運動効果があまりない歩き方をカウントすることは問題がありそうです。
歩くスピードや負荷のかけ方を考慮してやる必要があるということです。
体脂肪の消費が始まるのが有酸素歩行を始めて20分程度たってからになります。いわゆる消費が始まることが20分後となるため、コンスタントに消費させるためには2倍程度の歩行時間をかけたほうがいいのではないでしょうか。
理想的には、日常生活における歩行数に運動を意識した歩き方を20分以上加えるというのが理想ではないでしょうか。

ほぼ一万歩は確保でき消費に使われるものと考えます。


まとめ

忙しい毎日で、そんな歩行なんて出来ないよと言う声も聞こえてきますが、

歩くことは全身運動で、体の筋肉の7割程度を使っていると言うことを意識しましょう。

20分の有酸素歩行が無理な方でも、筋肉を使うと言う心がけは必要とおもいます。いずれ、体力の衰えが訪れたときも日ごろの鍛錬が効果をもたらしてくれるのではないでしょうか。

ご自分の健康です。老化は足からということも言われています。

歩くという『習慣づけ』を意識して行動に移したいものです。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 

Sponsored Link


 

 

 - 病気予防

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

太ももマッサージの効能?!血流改善に大きく寄与!

みなさん、こんにちはマッサンです。 ダイエットや痩せる目的で色々なマッサージを経 …

体が冷えた場合の対処法!おススメぬか袋の効用!

みなさん、こんにちはマッサンです。 ぬか袋をご存知でしょうか? 私たち子供のころ …

手足口病と感染性胃腸炎が感染症の流行上位を独占!

みなさん、こんにちはマッサンです。 毎年のことですが、今年は去年に比べて○○○で …

免疫力のアップをねらえ!和食のもたらす効果を実感!

みなさん、こんにちはマッサンです。 免疫力のアップをねらえ!どうですか今の寒い時 …

自然塩のミネラル中のヨウ素とストロンチウムの謎を解明!

みなさん、こんにちはマッサンです。 福島原発の事故で放射性物質の放出が今でも続い …

自律神経の乱れ?交換神経と副交感神経の作用

みなさん、こんにちはマッサンです。 最近どうも疲れやすいな、昼ごはんの後に眠たく …

基準値では高血圧!薬の処方は必要か?

みなさん、こんにちはマッサンです。 私の周りにも、高血圧で降圧剤の薬を飲んでいる …

過食を防ぐ食事法!少食のすすめ!

みなさん、こんにちはマッサンです。 ここ最近、「アトピー性皮膚炎で検証して欲しい …

発熱とウイルスの関係!熱は悪者?解熱の必要性は!

みなさん、こんにちはマッサンです。 熱が出ると熱を悪者にしていませんか? 確かに …

腹式呼吸の効果をつかめ!自律神経失調症も何のその!

みなさん、こんにちはマッサンです。 みなさん、呼吸についてはあまり意識したことは …