知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

これを読めばあなたも病気知らずの仲間入り!あなたに健康をお届けします。

*

老眼の始まりはどんなとき!症状は止められないの?!

      2015/08/14


みなさん、こんにちはマッサンです。

老眼なんてまだまだ先のことと思ってましたが、どうも最近新聞の字が読みにくいとか、自分で字を書こうとすると目を遠ざけなければならないとか、話をしてみるとみなさん色々な症状が現われているようです。

老眼

自分より若い人が老眼鏡を使っていると何となく勝ったような気分になるのはなぜなのでしょう。まだ若いというような間違った錯覚に陥るのでしょうかね。

今回は誰にも訪れる『老眼の症状』について解説してみたいと思います。

Sponsored Link


 

老眼の定義

老眼というと近くのものが見えにくくなるというのが一般的な解釈では無いでしょうか。

老眼、老眼と呼んでましたがWikipediaによりますと老視(ろうし)が正式な呼び方のようです。

Wikipediaによりますと、

老視(ろうし)は、目の障害の一つ。老眼(ろうがん)とも呼ばれるが、老視が正式名称。

加齢により水晶体の弾性が失われて調節力が弱まり、近くのものに焦点を合わせることができなくなってくる。
40代から60代初めに自覚されることが多いが、実際には20歳前後から調節力の減少は始まっており、日常生活で字を読む時の距離である30cm前後が見えにくくなるのが、この辺の年齢であるといえる。しかしこのような症状を自覚する年齢は個人差があり一概には言えないが、一般には40歳前後、早い人では30歳代半ばあたり、遅い人でも50歳代から60歳あたりまでに自覚症状を訴えることがほとんどである。

となっています。

最初の解釈でおおむね会っていました。
40~60代ということでかなり幅広く個人差もあるのだと思います。
20代から始まっているというのもびっくりですね。
また、近視の人は老視になるのは遅いとも言われているようですね。
やはり、若いときから目を酷使している人は早く老視になるようです。

 

老視の症状の回復はできないの?

老視が始まると、なんとかピントを合わせようと目に負担をかけてしまうため、近くのものを見続けると目が疲れるよになり、目がかすんだり、さらに無理を続けると肩こりや頭痛の原因になりかねず注意が必要です。

また、生理現象であるため症状を抑えたり治療して回復することは困難です。
見づらい症状が現われた場合には目の調節力をチェックのうえ、
必要であればメガネによる補正を行う必要があります。

残念ながら回復させることはできないようです。

Sponsored Link


 

適正なメガネの選択方法は

用途に合わせた選択が第一条件です

遠近両用タイプ
遠くも中間も手元と連続で見ることができるレンズです。

中近タイプ
室内用の中近距離レンズです。手元の細かい文字から離れたとこの人の顔までしっかり見れる。

近近タイプ
手元から60~70cmぐらいまでをカバーしている。単焦点レンズよりやや深い奥行きまでカバーできる。

単焦点タイプ
一定距離のみにピントを合わせた手元専用で、読書や縫い物などに便利。

以上のタイプから選択することとこととなりますが、先ずはご自分の用途を明確にした上で選択する必要があります。
その目的によって適正な度数を決定されます。

最近では、100均でも老眼鏡はあるようですが、選択には十分な注意が必要です。
焦点や度数、左右の目の深度違いがあるため使用後目が疲れるなどの
悪影響を与える恐れがあるためおすすめできません。
銀行の窓口で一時的に使用する場合などはこの限りではありません。

 

まとめ

目は酷使した場合はかすんだり、目の疲れはでてきますが、夜の睡眠の間に回復されるようです。
ですが、夕方に目がかすんだりしたのにもかかわらずまだ目を使う仕事等がある場合は休憩して、目を蒸しタオルで覆ったり目の周りのマッサージ等が必要なようです。

やはり見えづらいのに無理をするのが良くないようですね。

きちんと眼科で検査の上、適正なメガネの使用がベターのようです。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 

Sponsored Link


 

 - 病気, 眼の病気

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

熱の出ないインフルエンザ?周囲に危険を与えるかも!

みなさん、こんにちはマッサンです。 インフルエンザにかかっても熱が出ないこともあ …

診断は急性胃腸炎!ストレスが原因?治療方法は?

みなさん、こんにちはマッサンです。 人前では平静を装っても、心の中ではモヤモヤ! …

足の痛みは整形外科?意外と心臓専門医の分野もあり!

みなさん、こんにちはマッサンです。 足の痛みがあるときに、真っ先に行く病院は外科 …

口臭がヤバイ!まさかと思うが口呼吸が原因て本当?!

みなさん、こんにちはマッサンです。 口呼吸をすると口臭の原因になるなんてとても信 …

薬に頼らず頭痛を治す!妊婦さんにも安心好評!

みなさん、こんにちはマッサンです。 頭が痛くてどうしようもない! でもいつも鎮痛 …

喉の痛みや腫れが激しい!扁桃腺炎が原因かも?!

みなさん、こんにちはマッサンです。 こんな話は聞いたことがないでしょうか? 激し …

歯肉炎の治療方法!私が治した方法を伝授!

みなさん、こんにちはマッサンです。 歯肉炎は虫歯など歯が原因で起こることが大半で …

へそが臭いのはごまのせい?定期的な掃除は必要?!

みなさん、こんにちはマッサンです。 体のにおいで気にするところと言えば、ワキや頭 …

頭痛が夕方になると起こる!驚異の解消法を紹介!

みなさん、こんにちはマッサンです。 私の周囲の人からもよく聞きますが、夕方になる …

便秘が辛い!劇的解消法は食べ物だけではなかった!

みなさん、こんにちはマッサンです。 便秘に悩むのは、若い女性が圧倒的に多いようで …