知識の泉.com ~健康へのいざない即効ヘルスケア~

これを読めばあなたも病気知らずの仲間入り!あなたに健康をお届けします。

*

熱中症は屋内が危険!高齢者の体感温度に気をつけろ!

   


昔は屋内でここまでの危険は無かったと思うが、エルニーニョ現象かヒートアイランド現象か?

みなさん、こんにちはマッサンです。

挨拶代わりが”暑いですねぇ”本当に参ってしまいます。とりわけ熱中症で救急搬送される数は毎週更新されているようですね。

救急

暑い日差しは避けるようにとはいっても、仕事柄避けられない人もいますよね。

今は、熱中症情報や暑さ指数も携帯やスマホで逐次受け取れますから注意意識レベルは相当高まってはいるのですが、救急搬送の出動回数はうなぎのぼりのようです。

気を配りたいのは高齢者の生活実態だろうと思います。特に体の感受性の低下した高齢者は暑さを暑さと捕らえられないような状況が頻繁に発生します。
今まで何度か「熱中症」について何度も記事をアップしてきましたが、特に高齢者への気遣いの必要から再度投稿しております。

今回は高齢者の感受性『体感温度』について解説したいと思います。

Sponsored Link


 

体感温度の感じ方

特定の季節に限ったことではありませんが、夏と冬を比較すると判りやすいためそれで比較対象してみます。

Wikipediaによりますと ” 体感温度とは ”

体感温度(たいかんおんど)とは、人間の肌が感じる温度の感覚を、定量的に表したものである。 人間の温度感覚は、皮膚面の水分(汗)が蒸発したり、皮膚面の熱が奪われたりすることで生ずるものである。 こうした体感温度は気温だけでなく、実際には湿度や風速等によって影響されやすく、たとえば多くの場合は風が強いときほど体感温度は下がる。 したがって、気温をそれらの数値で補正する。

体感温度』は、気温以外に・湿度風速を組み合わせて定量的に表される。
・湿度が上がれば同じ温度でも高く感じる
・風速が早くなれば同じ温度でも低く感じる
さらに言えば、気流・日射・ふく射熱・着衣によって『体感温度』は変わってくる。

 

室内にいるときの感じ方ですが、室内の温度がひとつの目安になりますが、天井や壁、窓ガラス、床、室内の電化製品、家具などからも温度を受け取っています。

夏の暑いときに、自宅に帰ってきてエアコンのスイッチをいれ20℃の冷風が吹き出しているにもかかわらず暑く感じるのは、室内の天井や壁、窓ガラス、床、室内の電化製品、家具などから出ている温度に影響されているのです。

この温度のことをMRT(Mean Radiation Temperature)といいます。
MRTは『平均輻射温度(へいきんふくしゃおんど)』のことで、
体を取り囲んでいる室内の天井や壁、窓ガラス、床、室内の電化製品、家具などから出ている温度の平均温度のことです。

Sponsored Link

温度と何に気をつけたらいいの?

下記の部屋のイラストを参考にしてください。

左は冬の寒い時期にストーブで室温を高くしているにかかわらず寒く感じる。

右は一度温まった部屋で室温を低くしているのに丁度いいと感じる例です。

体感温度

体感温度の求め方は『体感温度=(室温+MRT)÷2』で表わされます。

左の部屋では室温が26℃になったとしても、MRTが8℃だと(26℃+8℃)÷2=17℃で
『体感温度は17℃』となります。

右の部屋では室温が18℃になったとしても、MRTが22℃だと(18℃+22℃)÷2=20℃で
『体感温度は20℃』となります。

単純に設定温度だけに頼っているのは危険信号と言えます。

 

上記は、感じ方の例示ですが

注意しなければならないのは、『高齢者は』感受性が低下しており『体温調節機能』も低下しているため設定温度のみにとらわれて安心し本来の『体感温度』を感じ取れず体調不良に陥るおそれがあるということです。

周りで配慮してあげる人が必要と考えます。

 

まとめ

冬の寒い朝は室内すべてが冷え切っています。仮に20℃の暖房温度で空気だけを温めても、体は『平均輻射温度』の影響で寒く感じるのです。
逆に夏は室内すべてが暖まっていますから、20℃の冷房温度で空気だけを冷しても、体は『平均輻射温度』の影響で暑く感じるのです。

設定温度は同じでも『体感温度』は『平均輻射温度』の影響で感じ方が全然違うということになります。

ひとつのご参考にしていただければ幸いです。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

Sponsored Link


 

 - 病気, 高齢者の病気

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

インフルエンザの予防接種の効果は?副作用の心配は?!

みなさん、こんにちはマッサンです。 みなさんはインフルエンザの予防接種を受けてい …

虫歯予防に劇的効果!重曹うがいのホワイトニング!

みなさん、こんにちはマッサンです。 白い歯っていいな!何かむかしコマーシャルで使 …

くも膜下出血で緊急手術!今は笑い話の生還秘話を公開!

みなさん、こんにちはマッサンです。 くも膜下出血という病気ですが、ひとごとの様に …

鼻毛の処理の注意点!わかっちゃいるけどやめられない!

みなさん、こんにちはマッサンです。 身だしなみのひとつに加えられている鼻毛の処理 …

スマホ老眼が気づかない内に進行!予防と改善方法はコレ!

みなさん、こんにちはマッサンです。 老眼の始まりは40代というのが今までの常識! …

熱の出ないインフルエンザ?周囲に危険を与えるかも!

みなさん、こんにちはマッサンです。 インフルエンザにかかっても熱が出ないこともあ …

インフルエンザ感染予防!かかった時のマナーと心得!

みなさん、こんにちはマッサンです。 毎年寒い時期に流行するインフルエンザ。 例年 …

耳鳴りを治したい!原因となる病気を突き止めろ!

みなさん、こんにちはマッサンです。 周りでは何も音はしてないと思うのに「キーーン …

口臭なのに!糖尿病が原因だなんてありえない!

みなさん、こんにちはマッサンです。 口臭のケアしていますか。 ほとんどはお口のケ …

口臭で気づけ!逆流性食道炎が原因であなたを襲う!

みなさん、こんにちはマッサンです。 体臭や口臭は他の人にも不快感を与えるけど、何 …